FC2ブログ
食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
2020.01.15 Wed
2012年初版、2013年第2版。

この度、一部の章を刷新した「改訂版」がでました!

現在、(社)日本ブラジル中央協会がネット販売してくださっています↓
https://nipo-brasil.org/archives/6348/

  *同協会は、前身から数えると80年以上の伝統ある団体で、事務局の方々はブラジル愛を感じる大先輩ばかり。


ちなみに、同著の初版時の思い出は、こちら...

改訂版Capa

定価:本体1,800円+税



大国ブラジルのカルチャーをこの1冊で!
ファッション、アート、建築、フード、音楽、祝祭・・・。

ガイドブックには載らないリアルなブラジル各地のカルチャー、ライフスタイルに加え、新たに「ブラジルの絶景 6選」、「日本で出会えるブラジル」を収録した改訂版!


---追加の章---
◎一生に一度は行きたいブラジルの絶景
世界最大のド迫力 イグアスの滝/白い大砂丘 レンソイス・マラニャンセス/世界最大の熱帯雨林 アマゾン/生命の楽園 パンタナール/ブラジル最後の秘境 シャパーダ・ジアマンチーナ/南米で最も美しい島 フェルナンド・デ・ノローニャ/ブラジルの絶景旅行に出かけよう!

◎日本で出会えるブラジル
カッピンドウラード/ジルソン・マルチンス/ホープ ランジェリー&スポーツウェア/ボチカリオ/食品館/バルバッコア/サウデ・エ・サボール/お店リスト



---著者あとがき(追加部分)---
この度、皆さまからの温かいご声援のおかげで、本著の一部改訂に至りました。具体的にはワールドカップ2014特集などを削除し、本著で紹介していなかったブラジルの大自然をまとめた観光情報や、日本で出会えるブラジルをテーマに輸入グッズや食材、日本にあるブラジル店の情報を新たに加えました。ブラジル旅行の予習はもとより、今は行けないけれどせめて日本でブラジルを楽しみたい!という方々にお役に立てば幸いです。


---おもな目次---
1. ファッション 編
○世界が求めるブラジル・ファッション
○受け継がれる先住民デザイン
○遊び心溢れる子供服
○世界を率いる水着ファッション
〇エコ素材アクセサリー

2.アート・民芸品 編
○新風吹き込む現代アーティスト
〇タトゥーアート
○鉄腕アトムがブラジル漫画に登場
〇北東部幻想アート

3.建築・都市 編
○モダニズム建築 オスカー・ニーマイヤー、パウロ・メンデス・ダ・ホッシャ
○Mid-Century デザイン家具
〇足元に注目!石畳アート
○ヨーロッパ風観光地

4.食・飲み物 編
○フェイジョアーダ徹底解析
○サンパウロ各国移民料理
○ジャングルと大河の恵み アマゾン料理
○本場カフェスタイル

5.祭り・踊り・音楽 編
○土地ごとに異なるカーニバル
〇ブラジル妖怪伝説
〇聖母像と巡るシリオ大祭
〇ボサノヴァの美学

一生に一度は行きたいブラジルの絶景

都市別ライフスタイル

日本で出会えるブラジル



スポンサーサイト



2019.11.24 Sun
日本ブラジル中央協会の会報誌『ブラジル特報』 11月号(P.8-9)に、

「日本ブラジル料理店の歴史を探る」 というタイトルで、主に1970年-2000年頃の歴史について執筆しました。

70代以上の方々へのインタビューがメインで、なかなか感慨深いです!

PDF版はこちらから
    
tokuho2019_11.gif

2019.07.01 Mon
ピメンチーニョを入手したので、早速、ベレンで食べていたパラー風フェイジョンを作ってみる。

pimentinho.jpg

シャルキ(干し肉)の代わりにベーコンを代用したので、かなりあっさり系に。。
2019.05.31 Fri
ブラジル土産に、バカリャウ(干し鱈)をいただきました!
というわけで、一番簡単で一番美味しいと思う、バカリャウ料理。

バカリャウ・ア・ゴメス・デ・サー(Bacalhau à Gomes de Sá)

IMG_1370.jpg

といっても、オーブンを使わない簡単バージョン。
食材は、バカリャウの他、トマト、玉ねぎ、ジャガイモ、トマト、オリーブオイル、オリーブ、卵程度なので、バカリャウさえあれば日本でほぼ同じ味にできちゃいます。

2019.04.21 Sun
ブラジルのお土産、定番はそれほど変わらないものの、ネタ?に2つ加えてみました。

定番の項目も多少リバイスしてあります。

■ ブラジルのおすすめお土産12選【2019年版】
       ↓       ↓
https://allabout.co.jp/gm/gc/469417/

bura.jpg
2019.03.09 Sat
ブラジル料理の締めは、どんな時もデザート。

グラビオーラのムース(Mousse de Graviola)

アマゾンの数多い熱帯フルーツの中でも、特に高級果物といえばグラビオーラ
白いデザートにはプルーンを付け合わせることが多いのはナゼかな、と思いつつ・・・のせてみる。

IMG_4619.jpg


そして、ボンボン・デ・ショコラッチ(Bombom de Chocolate)は頂き物。包装もかわいい。
中には、酸味が残るアマゾンフルーツがジャム状にどろっと入っていて、格別な味。
うーん、この甘さも日本ではなかなか出会えない。

2019.03.09 Sat
こちらがヴァタパー。

ベレンの市場で存在感ある干しエビをメインに、ココナツミルクや椰子の油であるデンデ油などで煮込んだ郷土料理。

北東部(ノルデスチ)でも有名なものの、味は少し違うみたい。
お店によっても家庭によっても違うのが郷土料理。

IMG_4617(Edited).jpg
2019.03.09 Sat
日本ではなかなか手に入りにくいアマゾンの食材をGet!

というわけで、パラー料理会開催。

IMG_4606(Edited).jpg

フランゴ・デ・トゥクピー(Frango de Tucupi)

IMG_4615(Edited).jpg

舌がピリピリするアマゾンの野菜、ジャンブーをこんなに贅沢にいただけるとは奇跡。
2019.02.24 Sun
北東部ペルナンブーコ州の泥人形作家の友人から案内がきました。
大学のフィールド調査でとってもお世話になった、地元女性作家の方々の活動がまとめられています。

最新情報はこちらから↓
https://marcadefantasia.com/livros/socialidades/mulheresartesas/mulheresartesas.pdf

as vozes da memoria
2019.02.07 Thu
1か月暮らしたクリチバ時代を思い出す、とってもステキなオーナメントをいただきました。

ブラジル南部を象徴するパラナ松をかたどった置き物。
IMG_4245.jpg

実際の形はこんな感じ↓
http://ayako77.blog99.fc2.com/blog-entry-112.html
2019.01.06 Sun
昨年8月に発売となった、BIS BLACKいただきました。
表面も中身もウェハウス部分も、全てチョコ味、ダブル・トリプルチョコバージョンBISという感じ。

流行りの カカオ80% といった苦めのテイストかな?...と口にしたものの、
ん? 
甘味も苦味もフツー? 
あれあれ、定番のBISとどこが違うかな?? という程度でありました。

二口目で、気持ーち苦め&濃いめのチョコ味かな、という印象。

IMG_3774.jpg

ブラジルでは珍しく、小分けに包装されていて、一つ一つは本当に小さい一口サイズ。
日本のチョコ味よりは甘いものの、小さく&ウェハウスなのでサクッといただける軽いお菓子。

というわけで、BISはブラジルで暮らす日本人に人気&
おすすめお土産ベスト10選としても紹介しています。

▼ブラジルのお土産2018 おすすめのお菓子&雑貨10選▼
https://allabout.co.jp/gm/gc/469417/


2018.08.20 Mon
ブラジルといえば「コーヒー」だけど、本当のところ美味しいの?本場の飲み方は?ブラジルコーヒーの歴史から品種、忙しいけどおしゃれな都会人のライフスタイルに溶け込んだ新しい飲み方までご紹介します。

■ブラジルコーヒーの特徴!品種・飲み方や歴史
   ↓       ↓
https://allabout.co.jp/gm/gc/476278/

05.jpg
Santo Antônio da Bela Vista農園(サンパウロ州) 焙煎の様子

2018.08.16 Thu
ブラジル旅行で英語は通じる?答えはノー。でも、コミュニケーションできる?の答えはイエス!さて、その訳は?ブラジルの公用語や現地の英語教育事情、交通機関の標識での英語表記や旅に役立つフレーズをご紹介します。

■ブラジル旅行で英語は通じる?公用語と現地の英語事情
    ↓       ↓
https://allabout.co.jp/gm/gc/476275/

1.jpg
リオデジャネイロ中心地

2018.01.03 Wed
日々の忙しさに翻弄され、下着のおしゃれを忘れていませんか?女性の魅力は見えないところから!ブラジル現地のランジェリー事情と日本で買える人気ブランドについてお伝えします。

■毎日が勝負下着?! ブラジル・ランジェリーの魅力
    ↓       ↓
https://allabout.co.jp/gm/gc/472638/

8.jpg
世界一の高給取りモデル、ブラジル出身ジゼル・ブンチェン

Template by まるぼろらいと