食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.06.10 Sat
久しぶりにお土産ネタです。
ちょこちょこ流行りものや新しい食べ物・飲み物系があったりしますが、「10選」となるとやっぱり定番に落ち着きます。

特定の商品の紹介はほどほどに、老若男女、いろんな方向けに全て大括りでまとめちゃいました。後は、ご自分のお好みの商品を見つけてくださいませ。

■ ブラジルのおすすめお土産10選【2017年版】
       ↓       ↓
https://allabout.co.jp/gm/gc/469417/


3-granado.jpg
スポンサーサイト
2016.02.29 Mon
海外旅行前に気になるのが現地のトイレ事情。オリンピックにあわせて、初めてブラジルを訪れる方も多いのではないでしょうか? ぜひ事前にご確認を!

■ ブラジルのトイレ事情
    ↓       ↓
http://allabout.co.jp/gm/gc/462506/


2.jpg
2016.01.16 Sat
今年2本目の記事は、コーヒーネタです。ブラジリアでは、なんと、2015年に国内最高品質に選ばれたコーヒーを味わうことができます!


■ ブラジルでNo.1の味!ブラジリアのコーヒー専門店
       ↓       ↓
http://allabout.co.jp/gm/gc/461299/


DSCN7779.jpg
2016.01.04 Mon
新年1本目の記事は、ブラジルの家庭でお祝い時に作られたりもする、フェイジョアーダ。

フェイジョアーダは、店や家庭によって、具、塩加減、まろやかさ、脂っぽさがだいぶ違います。
肉の部位が分かれているこういうお店↓だと、自分の好みで具が選べるのでGood。軽めで美味しーいフェイジョアーダが食べたくなってきました・・・。

■ ブラジリアでフェイジョアーダを食べよう
       ↓       ↓
http://allabout.co.jp/gm/gc/461248/



DSCN7753.jpg
2015.12.29 Tue
55年前に突如できた人工計画都市、ブラジリア。そんなブラジリアも、着実に歴史を刻みつつあります。
半世紀前の古きよきブラジルを味わえる、老舗レストランを紹介します。

■ 大統領が訪れたお店も! ブラジリアの老舗レストラン
http://allabout.co.jp/gm/gc/460227/


DSCN7451.jpg

2015.12.28 Mon
世界的な人気観光地、パリ市内で大規模テロがあったりで、治安について聞かれるようになりました。というわけで、今月の記事は、「ブラジリアの治安」です。

■ ブラジリアの治安
http://allabout.co.jp/gm/gc/461171/


DSCN7092.jpg

ブラジルはもともと多人種・多民族で、宗教問題による紛争や自爆テロといった問題は心配ないと言われてます。
ですが!残念ながら、銃の脅しによる強盗事件がちらほら・・・旅行の際はお気を付けくださいね。という、わたしは在ブラジル8年で一度も怖い目にあっていませんが。

2015.10.31 Sat
久々に、All About 書いてみました。

首都ブラジリアの観光スポット、国会議事堂、最高裁判所、大統領府などは、決まった日時に行けば、なんと誰でも無料で内部見学ができます。外観はもちろんのこと、デザイン性の高い内観や家具、美術品の見学、おすすめです!


■ 世界遺産ブラジリア 巨匠ニーマイヤーの建築巡り
http://allabout.co.jp/gm/gc/459520/



2015.06.17 Wed
今月も、先月に続いて、ブラジル旅行の基本知識についてです。

ブラジルは、世界でも珍しく地域によって電圧が違います。ドライヤーや電動シェーバーを旅先に携帯する方、要注意です!

■ ブラジルの電気・電圧・プラグ事情
http://allabout.co.jp/gm/gc/455763/



ちなみに、先月は、 
■ブラジル旅行前に知りたいお金をめぐる5つのポイント
http://allabout.co.jp/gm/gc/454490/
■ 水道水は飲める?ブラジル旅行で知っておくべき豆知識
http://allabout.co.jp/gm/gc/454580/


併せてどうぞ!
2015.05.24 Sun
ピレノポリスでは今日から3日間、カバリャーダス Cavalhadasがはじまる。マット・グロッソ州などブラジル中部~南部にかけて同様の行事が残る地域はあるけれど、ピレノポリスのカバリャーダスは歴史も古く、規模も大きく有名。
町の入口近くにある専用スタジアムで開かれる。今年で189回目。
DSC_0262_20151007105808941.jpg

このお祭り、なんとヨーロッパのイベリア半島で8世紀から15世紀末まで続いた「レコンキスタ」が起源。レコンキスタとは、イベリア半島を征服したイスラム勢力を追い払うために、キリスト教諸国が起こした再征服運動(というか戦争)のこと。世界史で学んだな。
なんでも、ピレノポリスはかつてレコンキスタが激しかったポルトガル北部から来た移民が多く、地元のフォークロアも一緒に伝わり、今でも大切に続けてられているという。

両側にある門は、キリスト教と異教徒の城館を意味している。月のマークがついたレンガ作りは異教徒側で、騎士団の衣装は赤。
DSC_0293.jpg

反対側はキリスト教の城館で、十字架がシンボル。衣装は青。
DSC_0366.jpg

1日、3時間も4時間も続くショウ。広い会場で、馬とともに繰り広げられるためゆるゆるな進行・・・といえど、3日間を通じ、細かな戦いのストーリーがあるという。時々、マイクで説明がはいるが聞き取れず。
DSC_0424.jpg

DSC_0394.jpg

途中、無数の仮装したMascarado マスカラードが登場する。昨日も今朝も町で奇声をあげながら練り歩いていた仮装馬たち。最も多いのが牛のマスク。そのほかジャガーや人間など、どれもちょっぴり不気味。
赤・青の規則ある騎馬戦とは異なり、全く秩序なく会場を駆け巡る。マスカラードの乱走は、豪華な衣装を用意できない一般庶民が思い思いの仮装をして、支配者や権力に対する皮肉をこめた悪ふざけが始まりともいう。フォークロアらしい。
DSC_0494.jpg

普段はどこに潜んでいるのだろうと思うぐらいの馬の数。
DSC_0328_20151007105810365.jpg

200年近く続く伝統行事だけに、会場にはブラジリアから来られた複数国の大使や関係者のほか、カメラを持ったマスコミも大勢取材にきている。ドローンも発見。
DSC_0560.jpg
2015.05.16 Sat
今月は、ブラジル旅行の基本知識についてまとめてみました。

前回の お金をめぐる5つのポイント に引き続き、今回は、ブラジル旅行で知っておくべき豆知識-会計の仕方から、トイレ、タクシー事情まで出発前に知っておきたい身近なネタです。

■水道水は飲める?ブラジル旅行で知っておくべき豆知識
http://allabout.co.jp/gm/gc/454580/
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。