食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
2016.03.04 Fri
日本ブラジル中央協会の会報誌『ブラジル特報』 今月号(P.6-7)に、

ブラジル料理のはなし-溢れる多様性を食べ尽くそう- というタイトルで執筆しました。

特集 「広がるブラジル料理」 の巻頭ページです!

ブラジル料理の概要、という依頼をいただき、大まかな話になっていますが、ぜひ読んでみてくださいー。2か月後くらいに非会員でもサイト上で閲覧できるそうです。
    
⇒ 『ブラジル特報』 

無題
スポンサーサイト
2016.03.02 Wed
先日、東京在住のパラー出身の友人から、懐かしい味をいただいく。
最近まで里帰りしていたということで、こちら!

DSCN9420.jpg

日本では貴重なクプアスジャム。しかも、カスターニャ・ド・パラー(ブラジルナッツ)入りという逸品。ベレンにいた時も食べたことなかったかも。

アマゾンの熱帯果実、クプアスとはこんな果物↓
⇒ 熱帯フルーツ(19)クプアス(Capuaçu)

ちなみに、ねっとりとしたクプアスは油分が多く、人気の自然系化粧品メーカーNaturaにもシリーズがある。以前、マナウスでこんな珍しい商品も見つけた。天然のヘチマ・スポンジにクプアス石鹸を練りこんだもの。

DSCN3352_2016031017304306c.jpg
2015.10.20 Tue
ブラジリアで第一号店というバイクカフェが、今年になって、近くの自転車屋さんの隣りにできた。バイクカフェは、自転車やオートバイの販売・修理屋が、ライダーたちの休憩スポットとなり、カフェスペースを併設させるという仕組み。今、日本でも俄かに増えているらしい。

創業25年以上というこの近所の自転車屋さんの隣に突然できたカフェは、シンプルながら内装もそこそこステキ。早朝など時間帯によっては鍛えぬいた男性陣が占拠していて入りにくい雰囲気もあるけれど、日中は極めて平和。

メニューはパンやハンバーガー、フレッシュジュースなどがメインだけれど、いよいよランチメニューもはじまったということで試食してみる。

鶏肉のソテー
DSCN7899.jpg
鶏肉のストロガノフ
DSCN7898.jpg

ありきたりの定食といえばそれまでだけど、それぞれフェイジョンまでついて、15レアル(≒450円)。
この辺りにしてはとってもお得!
さらに、メイン以外の付け合せは、5,6種類の中から選択できる。野菜を選べるのもGood!

■Magrelas café
住所: CLS 208 Bl. B, Lj. 26 Brasília, DF
営業時間:月曜~金曜 7:00–20:00、土曜 7:00–18:00

2015.10.03 Sat
大事に大事に冷凍保存していた最後のトゥクピー、ベレンの必須食材。
いい加減使わないと食べられなくなる??・・・と、急に心配になり、意を決して本日のランチに登場。

フランゴ・アサード(焼いた鶏)半身を買ってきて、一緒に煮込む。台所が懐かしい香りで充満する。
ベレンでは必須のシコーリアがなく、シェイロ・ベルジ(コリアンダー)とニンニクのみで味付け。
ジャンブーの代用もなく、それはさすがに物足りないけれど、白いご飯と共に、ファリーニャをかけて・・・うーん、幸せ!
DSCN7474.jpg
2015.08.05 Wed
ベレンに注文していたホタテがついに届く。
日本でも見たことないようなカナダ産のこの大粒ホタテ、ブラジルでは去年から売り出されたという。

DSCN3080.jpg

肉厚でしっかりした味わい。
このほか、ホワイトシチューやワカメやエビとあわせた海鮮サラダ、シンプルなホイル焼きなど試したいメニューがたくさん。
久々に家で高級食材!
2015.08.02 Sun
サンパウロやリオではアマゾン料理屋に行かない限り、パラー料理には出会うことはないけれど、意外にもここでは気軽に食べることができる。
ブラジリア中心にあるTV塔下で開かれる週末フェイラでは、パラー屋台があって、タカカーやアサイーはもちろん、こんな料理まで!→屋台の様子はこちらの記事(後半)

カルルー Carurú
家に持ちかえり、トゥクピーピメンタをかけて食す。
この独特の味、先住民系料理の風味というか熱帯料理というべきか、これぞアマゾン料理。おくらと煮込んだドロッと感がとんでもなく個性的。
DSCN3075.jpg

懐かしいお味!
2015.08.01 Sat
さっぱりしたものが食べたいときは、韓国冷麺なんていい。

ブラジリアにある唯一の韓国料理屋へ再び。→前の記事
ビッフェ(ポルキロ)もあるけれど、一品料理を頼むと、白いお皿に入ったキムチやチジミなどいくつもおかずがついてくる。さすが韓国人一世ご夫婦がオーナーのお店だけある。
DSCN3068_2015100911182269b.jpg
2015.07.25 Sat
行きつけのインド綿のお店の店員が、最近、インド料理屋をオープンしたというので行ってみる。ブラジリアらしいオープンスペースを使ったリゾート感たっぷりのお店。
DSCN2577.jpg

DSCN2573.jpg

このお店、ベジタリアン&ランチのみ。
辛いのが苦手な人が多いブラジル人好みのお味。本場インド料理とはだいぶかけ離れているけれど、エスニック風味が懐かしい。
DSCN2579.jpg

オーナーさんによると、近々(一か月後)、ASA SULの我が家近くにも2号店をオープンするという・・・本当かな? こちらは肉料理も扱うらしい。インド料理の定番、マサラカレー、アルゴビ、ダル、タンドリーチキンをメニューにして、とお願いしてみると、なんだか真剣にメモしてくれる。ちょっぴり楽しみ。

■ ASHRAM
住所: SCN103, BL A, Loja 52, ASA NORTE
TEL: (61)3541-5670
営業時間:火~日 11:30 - 14:30  月曜定休

2015.07.19 Sun
ブラジルで最高級イタリアンといえば、5つ星ホテルも経営しているFasano。一流のシェフが揃い、料理もサービスも(お値段も)トップクラスと言われている。
そして、ブラジリアのレストランガイド「Veja Brasília」のイタリア料理編でいつも一位なのが、このFasanoグループのレストランGERO。GEROは、サンパウロ、リオに続き、2010年にブラジリアにオープンしている。

Shopping Iguatemiの中。店内が気になる入口。
DSCN2541.jpg

サンパウロ、リオあたりの高級レストランにはなかなかない広いスペースを使った贅沢な作り。ブラジリアらしい。
DSCN2543.jpg

シェフのおすすめを注文してみる。
オリジナルソースの鴨ソテー、干しブドウ入りリゾット添え。高級イタリアン、いつぶりかな? なんて美味!
DSCN2555.jpg

■ GERO
住所:Shopping Iguatemi Shin CA 4, lote A Lago Norte Brasília - DF
TEL:+55 61 3577 5520
時間:月~木 12h - 15h、19h - 24h
    金 12h - 15h30、19h - 1h
    土 12h - 17h、19h - 1h
    日 12h - 17h、19h - 22h

2015.05.02 Sat
久々にアサイーを食べに、前から気になっていたお店に。学生時代、下北あたりにあったようなポップな内装でかわいい。(だけど、客がいないのは今日だけかな?)
メインはサンドイッチなど軽食屋さん。

ベレンで食べる生アサイーが好きだけど、こういう都会のデザートアサイーも実は好き。ガラナシロップの入ったシャリシャリのフローズンアサイーは暑い日にとってもいい!
糖分も多くて実は高カロリーだけど、バナナとグラノーラをつけると、軽めのお昼ご飯にもなる。

DSCN1692_20151001042126d66.jpg


■Tostex
SHC/Sul CL Quadra 403, Bl. A Asa Sul



Template by まるぼろらいと