食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.20 Sun
hinoiri1715.jpg
17:15

hinoiri1717.jpg
17:17

hinoiri1729.jpg
17:29

海に面する旅館
カメラを構えた浴衣姿の宿泊者がちらほら。
ここにいるみんなが同じ一瞬を待つ。
hinoiri1730.jpg
17:30

hinoiri1731.jpg
17:31

hinoiri1740.jpg
17:40

この一瞬。
スポンサーサイト
2009.09.20 Sun
nihonkai.jpg

液晶TVじゃない。
本物の日本海。水平線が美しい。

秋の夕暮れ。穏やかな波。
nami1.jpg

nami2.jpg
2009.09.20 Sun
この鉄の柵なに・・・?これまで田舎に来ても気付かなかった。
tanbo2.jpg

この柵、多くの道路の片側だけに延々と設置されている「防風柵」。

季節風が強く、雪の多いこの地域特有のもので、風を防ぐというより、鉄の板を何枚も斜め下に向けて設置し、風を路面に集めることによって風速を高め、積りはじめた雪を吹き飛ばすらしい。
いまはシーズンオフなので、水平にたたんでいる状態。

こんなに狭い日本でも、地域によって、こんなにも気候が違い、景色が違い、風習が違う。。
2009.09.20 Sun
庄内平野の秋の景色。
tanbo.jpg

今まで、田舎には年末年始か8月のお盆にしか来たことがなかったことに気づく。
一面雪の銀世界か、緑豊かな田んぼの風景だった。

tanbo1.jpg

収穫直前の田んぼ。
知らなかった田舎の景色・・・360度の黄金色に感動する。

四季を感じるわたしの田舎。素晴らしい。
2009.09.17 Thu
思いがけず懐かしい場所にいく。
ほんの数年前と、川の流れ、中洲の形が変わったみたい。
nikotama.jpg

20年前の数年間、毎日通った駅。
100円のパンが103円、消費税を初めて実感したパン屋さんは薬局に。
hatanodai.jpg

懐かしい風景は少しずつ変わっていた。
自分も多少は変わったのかな・・・
2009.09.15 Tue
帰国初日は、夜の渋谷へ
shibuya.jpg

日曜日なのに、ハチ公はものすごい人気。
久々の渋谷は外国人が多くて驚く。
ヒッピー風の白人女子や合コンの男子メンバーになぜか一人黒人とか・・・。

彼らはいつも東京でどんな暮らしをしてるんだろう。
・・・そんなことを考えているうちに、友達がそろう。

沖縄料理へ。
繊細な料理と盛り付けに感動。
琉球ガラスに泡盛ロック。銘柄は「残波」25度。さらりとした飲み口。
awamori.jpg
2009.09.10 Thu
今朝は、寒くて暗くて気持ちの悪い空。
ceu1.jpg

朝はいつも眠くて気づかなかったけど・・・8時台、外はやけにうるさくなる。
その正体は・・・未確認飛行物体でなく。。ヘリコプター。
ceu2.jpg

ビジネスの中心地パウリスタには、毎日多くのVIPたちがヘリ通勤している。
大手企業の高層ビル、高級アパートの屋上は、大抵ヘリコプターの離発着場になっている。
ceu3.jpg

他社との会議もヘリではしご。。
渋滞にも犯罪にも縁がない、地上に降りてこない人達・・・・
2009.09.09 Wed
サンパウロでは、グラフィティ(壁画)と一緒に解読できない文字が書かれていることが多い。時にはものすごく高所に書かれていてびっくりする。

この技法、作者たちの暗号でサンパウロ独自のグラフィティ技法"Pixação"という。

Pixaccedil;atilde;o1

それにしても・・・高すぎるでしょ。。まったく解読不明だし。
Pixaccedil;atilde;o2

世界には、無駄と思えるようなことをする、いろんなプロフェッショナルがいるのね。。

2009.09.07 Mon
今日はブラジル独立記念日でお休み。
ブラジルの独立は、1822年9月7日・・・・たった190年弱前のこと。
おじいちゃんのおじいちゃんのお父さんぐらいの時代かな、、若い国だなと思う。

スーパーでもお祝い。
7setembro.jpg

"O Maior Aniversário do Brasil" ブラジルの最大のお誕生日=独立記念日
7setembro2.jpg

垂れ看板っていうのかな、これ。
ブラジルの国の形でデザイン、かわいい。

日本時間8日正午まで限定でね、このトップ↓
Googleブラジル

2009.09.06 Sun
白一色!!
かわいい靴も発見。
sapatos1.jpg

でも、、
これら、主に全身「白」を装う習慣のあるbabá(ベビーシッター)用の靴なのだ。
sapatos2.jpg

高級住宅地周辺の公園には、平日、子供連れのこうした全身「白」の女性で溢れる。週末の高級ショッピングセンターでは、家族連れに混じって彼女たちがベビーカーをひく。大抵が肌の色が濃い女性。

どうしてベビーシッターは白一色を着るんだろ?
・・・雇用者と非雇用者の差別化を図る奴隷制の名残りとも、単なる実用的なユニフォームとも。「白」を着ている間は仕事中ということがわかるように、と。はっきりした理由は不明。
参考サイト 

500年前のブラジル発見から、一日一日が続いて今に至る・・・
長いような短いような歴史を想う。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。