食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.31 Sat
matisse1.jpg

土曜の昼下がり、マティス展へ出かける。
この日は入場料無料だからか、すごい人ごみだった。
ブラジル人にも、フランス美術はやっぱり人気なのかな。

絵を描く「線」が時代とともに減っていく。
晩年は一筆書きと思わせるようなデッサンもある。
それでも、単なる抽象画と言い切れない、被写体の独特な雰囲気がただの「線」から伝わってくる。線が絵に深みを与えている。

下は人気の「JAZZ」シリーズ。
matisse.jpg
最後に残った彼のテーマは、色彩と形といえるだろうか。
この「JAZZ」シリーズについてちょっと調べてみる・・・
今度は人の少ない日に静かにゆっくり観賞したいな。

■「JAZZ」について
この作品は、マティス晩年に、“世界で最も美しい雑誌”と言われる『VERVE』を出版していたテリアードから、色刷り版画による挿絵本の依頼を受けて制作したもの。数年前から体調を壊していて、絵ではなくハサミを使った切り絵を制作するようになっていた。制作は4年近くかかり、戦後1942年に20枚の版画とマティス自身の文章からなる本作品が刊行された。



企画展「Matisse hoje / Aujourd'hui 」 
 会場:Pinacoteca do Estado  Praça da Luz 2 - São Paulo
 会期:9/5~11/2(月曜定休)10:00~18:00 入場17:00まで
 入場料:6レアル(一般料金) 土曜日無料 

スポンサーサイト
2009.10.30 Fri
sabado.jpg

まるで屋外のような、リゾートホテルのような、ビーチサイドのような。。
ハイソなブラジル人がどこからと集まる。
金曜の夜、週1回の最高の時間を過ごしにやってくる。

トゥピー語(インディオの言葉)で「森」という名のお店。
店内は700㎡、40種類900鉢の植物が片面の壁を覆っている。

サンパウロで今最もホットなお店。

■KAÁ
http://www.kaarestaurante.com.br/
Av. Juscelino Kunitschek, 279 Villa Olimpia, Sao Paulo
Tel: 3045 0043

2009.10.27 Tue
またこの季節になった。

サンパウロ国際映画祭-Mostra

去年は、移民百周年にちなみ、Mostra自体のデザインが移民一世の大竹富江さんによるものだった。そして、岡本喜八の作品が多数出品されていた。そういえば、会場で喜八夫人に会った・・・。

今年は・・・
Mostra.jpg
この挿絵は・・・あの双子だ。。

出品作品は700本以上。
観たい作品を書き留める・・・なかなか眠れない夜。


第33回サンパウロ国際映画祭-33 MOSTRA Internacional de Cinema
  会期:2009年10月23日-11月5日
  サンパウロ市内各地で上映
  上映映画は、世界各国から700本以上(本映画祭で過去最高)
  ブラジル映画も過去最高(長編92本、短編49本、中編2本)

2009.10.25 Sun
先日、「クリスチャン・ラクロワの舞台衣裳展」へ行った。
“Ano da França-ブラジルにおけるフランス年” の一環のイベント。

Lacroix.jpg

こういうコスチューム展は今までかなり行ってると思うけど、展示方法がとてもよかった。
「カルメン」や「オセロ」など彼が手がけた主なオペラ、バレエ、演劇の舞台衣装が演目ごとに展示されている。展示スペースの壁面や足元も各演目のイメージで飾られていて、ただ衣装を展示しただけでない楽しさがある。

「シンデレラ」や「ロミオとジュリエット」などの衣装もあり、どれも本当に細かい装飾。
あらゆる素材を使って立体を作り上げ、予想できない装飾を重ねる・・・
大量のスケッチ画をみても・・・本当に天才だと思う。

いわゆるデザイナー衣装展の最初の記憶は、
大学時代に行ったウェディングドレス展@伊勢丹かな、、(ミーハーにも)
ドレスには感動したけど、ただ並べているだけのシンプルな展示だったなぁ。
誰か覚えてるかな~

■Christian Lacroix – Trajes de Cena   
  会場:Fundação Armando Alvares Penteado(FAAP)
      Museu de Arte Brasileira - MAB
      Rua Alagoas, 903 Higienópolis, São Paulo
  会期:8/24~11/1(火~金10:00~20:00、土・日・祝日13:00~17:00)
  入場料:無料

2009.10.19 Mon
天気がいい。
こんな日は緑の中を散歩したい。イビラプエラ公園に行く。

日本では赤や黄色に色付くこの季節・・・忘れていた春(Primavera)を実感。
primavera1.jpg

紅葉には負けないほどの落ち葉、いや落ち花。
贅沢なほど広い、淡い紫色の花の絨毯。
primavera2.jpg

ここでお花見(ゴザひいてお弁当食べて日本酒少々)なんてどうかな・・・そんなことを考える。

花の色、木の高さ、花びらの落ち方(桜のようにチラチラではない、ポトっと落ちる)・・・なんだかしっくりこないね。
2009.10.19 Mon
最近、地下鉄構内の看板が全とっかえした。

destino/destination
conexão/connection

metro.jpg

英語併記された・・・!!(今頃。。)

併せて、隣の液晶TVも大量設置。
建設中の地下鉄ラインの工事中の様子。
サンパウロ州、一生懸命がんばってます!と、アピールしてます。
2009.10.11 Sun
LinhaVerdeの終点より1つ手前、Sumaré駅。
sumare1.jpg

ガラス張りの壁に・・・たくさんの人の顔がある。人種もタイプもいろいろ。
sumare3.jpg sumare2.jpg

アジア系(日系人かな)も登場する。
sumare4.jpg

どの顔にも力がある。
顔について考える・・・顔に現れる雰囲気、目に現れる心。。

この駅、夜はちょっと不気味だ。できるだけ降りたくないな。

でも、ブラジルらしいこの自由な発想・・・
サンパウロ一かっこいい駅だろう。
2009.10.10 Sat
毎週土曜に開かれるサンパウロ市内の骨董市にでかける。
思いがけず、かわいいカフェを発見。
cafe1.jpg

cafe2.jpg

cafe3.jpg

アートな雰囲気で満たされる。
棚の置物、照明、すべて売り物とのこと。
2009.10.10 Sat
ヤクルトおばさんを発見
yakult1.jpg
マンションに売り込み失敗の様子・・・ちょっとかわいそう。

試しに買ってみる。1本60センターボ(約30円)。
日本のヤクルトとの味の違いは・・・微妙すぎて説明不可。
yakult2.jpg 

“SEU HÁBITO DIÁRIO” -あなたの日々の習慣に
yakult3.jpg

2009.10.09 Fri
昼13時 外 温度16℃、湿度68%
もう春なのに、寒い日が続く。

そんな日でも、金曜夜の人気のバールは人でいっぱい。
ブラジル人は生ビールをよく飲む。
original1.jpg

寒い夜に注文したいバールメニュー、“Caldinho(カウジーニョ)”
フェイジョン豆を煮詰めて作った塩の利いたドロっとした汁もの。
そこに乾燥させたベーコンとパセリをお好みで・・・
(↓7.2レアル(約360円)×2)
original2.jpg

湯呑のようで、日本人にはなんだかほっとする一品。

Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。