食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.26 Fri
デッサン教室は、一昨日から「人の顔」がテーマになる。

まず頭を描き、等分に線を引き、髪の毛、目の位置を確認し、次に鼻、口・・・と描き方を教わる。
私にとって、見たものをそのまま、影をつけて、立体的にみせて、遠近感をつけて、という写実的な絵を描くことはそれほど難しくない。まして、描き方のコツも教えてくれるのだから、そのテクニックを理解して描けば、どのみちいいセンの絵が描き上がる。
私は絵は得意な方かもしれないけれど、日本人で少し絵が得意なら誰でも描けるぐらいのレベル。ところが、他の生徒は私の絵をみる度にものすごく褒めてくれる。先生までもあなたは何かの展示会にでたことないのか?君だったら絵の道に進んでプロになったらいい、とまで言ってくれる。そんなにうまいかな??と半分いい気になる!

一方、他の生徒たちの絵を覗くと・・思わず吹き出してしまう。確かに、どうお世辞を言っても模写ではない。教わった通りに、見た通りに描けばいいのに、どうしてこんなにバランスが悪くなるんだろう、という絵を並べている。この生徒、未来のピカソでは?、いや隣のこの子もこの子も・・・みんなピカソだ、という具合。芸術的というか宇宙的というか。両目が上下にずれていたり、耳の大きさが極端に違っていたり、髪の毛が爆発していたり!

ただ、小さな子供の絵と違うのは、そういうメチャクチャそうな絵でありながら、顔の特徴をつかめていたりすること。ギョロっとしている目や、おとなしそうな口であったり。被写体となっていう人の感じがよくでているのだ。

絵が上手なのは、模写ができる私より、余程この子たちの方だ。もしかしたら、ブラジル人と私は見えている人の顔、風景、世界すべてが違うのかもしれないと思うのだった。
スポンサーサイト
2011.08.25 Thu
英語を習い始めて1か月。
曜日は週ごとに予約制で、週3時間のクラス。週1時間は先生一人につき生徒1,2人のテキストを使った文法クラス、残りは2時間は生徒複数による会話クラス。

レベルチェックを受けてAdvanceクラスに入ったが、テキストは過去進行形からはじまる。全国に展開する英語学校で共通テキストなのだが、今さら過去進行形か・・と先が不安になる。まぁ、文法が目的ではないので気にしないことにする。

授業は驚きの連続・・・

まず、テキストについて。
一見立派だけれど、中身はこれまで見てきた数々のテキストと雰囲気が違う。まるで雑誌のようなレイアウト。Unit1(第1課)、Unit2(第2課)とあるが、どこでUnitが分かれているかすらわかりにくい。Unitによって、文字数が多かったり少なかったりばらばらだから。フルカラーで目がチカチカする。

文法について。
テキストに文法ページがあるが、どう見ても系統立てて教えようとしていない。
そして!!テキストに書かれている文法がおかしい・・・どう考えても間違っていたりする。日本で、中学生以来、叩き込まれた文法と違うし、聞いたことのない言い回しもしょっちゅう登場する。確かにこれでも通じるだろうし、間違っていないのかもしれない・・という発想に転換していくと、これが独自の文化を生み出すブラジル的思考かと思ったりする。

発音も時々おかしい。
日本人の発音も十分おかしいが、RとLなどはもともと発音できないのだから見逃してほしい。けれど、この学校の先生の多くが、“Culture”を“クーチャー”といい、“occur”を“オクー(ル)”と発音していることに気付いた。先生は地元パラー出身者が多く、この学校で学び先生になった方も少なくないので、“Culture”はクーチャー”、“occur”は“オクー(ル)”として定着しているのかもしれない。

そんな問題点ばかり並べると、とんでもない学校のように思えるけれど、それだけで終わらないのがブラジル。

会話のクラスでは、生徒の多くが我も我もとよく話す。文法がめちゃくちゃでも、かなり不自然な言い回しでも話す。
ある商品の宣伝をみんなの前でプレゼンする、という課題では、ほぼ全員が演劇部出身?と思うほどの身振り手振り、豊かな表情で、大いに盛り上がってプレゼンを終える。

そんな授業で一日が終わると、日本人が文法をしっかり学ぶことに何の意味があるのかな、そもそも学校では何のために英語を学んでいたんだろう?とふと思ったりするのであった。
2011.08.21 Sun
Photo0041.jpg

デッサン教室に通い始めて1週間経った。時々休んだり遅れたりの不真面目生徒だけど、かなり楽しい。

開講初日は、10代前半~30代まで、合計12,3人の生徒が集まったが、5日目には半分以下に減り、私のほか4人の男子が固定メンバーとなった。もちろん、私だけが女性で外国人であり、違和感たっぷり。先生は50代の男性でとても親切でわかりやすく教えてくれる。

授業は、静物画デッサンを一から学ぶというもので、コピー用紙とB2とB6の鉛筆を毎回渡され、鉛筆は授業の最後に返す。初日は、鉛筆の使い方、色の濃淡の出し方、影の描き方などを教わり、翌日は、教室の中央に椅子に置き、そこに空のペットボトルとマラジョー焼の壺を無造作に置いて、では、これを描きましょう、描き方のコツは・・・という具合。

ある日は、学校の中庭で好きな場所の写生会。
ある日は、先生が雑誌や旅行会社の広告から風景写真の切り抜きを持ってきて、生徒が好きな写真を選んで真似るというもの。

日本のように、このメーカーのこのサイズのスケッチブックと鉛筆と消しゴムと持ち物を指定され、教材は・・・という準備は全くない。講義内容が書かれたスケジュールを渡されることもない。
あるものを使って、それぞれ自由に描く。
絵を描いていることには変わりない。「形から入らない」とはこういうこと!

写真は、雑誌の切り抜きを模写した先生の絵。
2011.08.17 Wed
月一回の生け花の日。
日本ではさぞかし高級輸入花材だろうな、と思う存在感ある肉厚な熱帯花が勢ぞろいする。
CIMG2865.jpg

頭部が重そうなピンクの花は、Bastão do Imperador(皇帝の杖)。

ブラジルの植物は、サッカー選手のようにニックネームで呼ばれていることが多い。
よって、同じ植物でも、地域それもほんの隣町なのに呼び方が違っていたりする。
正式名称は誰も知らないことが多いし、日本のように何でもデータベース化する国でないため、そもそも正式名称があるかどうか疑わしいことも・・・アマゾンの森では、1年に60種類以上もの新種植物が発見されるというしね。。
2011.08.15 Mon
Photo0042.jpg
ブラジルで絵を習いたいと思っていたが、ベレンではなかなかいい教室が見つからない。そんな時、地元ブラジル人からブラジル政府主催のカルチャースクールを紹介された。
作文、コンピューター、歌、ギター、カメラなどいろいろあって、一年に何回か開講されて誰でも申込みできる。

ただ、どのコースも月~金曜まで毎日2時間、期間は1か月間という短期集中型。徒歩圏内ならまだしも、車に乗って毎日2時間通うというのは、趣味にしてはハードな内容だ。
驚くのが授業料で、どのクラスもたったの20レアル(1,000円)。一日ではなくて、1か月で!

つまり、このカルチャースクールは、主に教育レベルが低いパラーの若者~大人のために開かれる講座なのである。授業が半日で終わる公立学校の子供たちが、放課後に犯罪に走らないように、という意図もあるらしい。

そんなカルチャースクールに日本の教育を15年以上受けた私のような日本人が参加していいのかな、時々休んじゃうと思うしなぁ・・・と気もひけたが、20レアル払えば申し込める!というわけで、デッサン教室に通うことにした。先生は、連邦大学出身の指導経験豊かな方で授業の質はいいという。(続く)
2011.08.10 Wed
0002.jpg

Pindorama 月刊ピンドラーマ
サンパウロで唯一の日本語による月刊フリーペーパー。
http://www.editorakojiro.com
2011.08.03 Wed
8月3日 15時50分

外はこんなに日が照っているのに・・・
CIMG2852.jpg

実は、激しい雨が降っている。
CIMG2855.jpg

ほんの5分ほどの出来事。
時々降りつける風を伴う雨は、日本と比較にならない激しさがある。
ここがアマゾンであることを思い出す。

こんなにビルが建っていても、人々が暮らしていても車が走っていても容赦ない。
広い大地に叩きつけるこの気象現象は、今も昔も変わらないのだろう。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。