食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.29 Tue
今日は英語の日。
珍しく生徒一人の会話クラスだった。
先生とはいつの間にかフリートークとなる。適度に真面目で普通に明るく、ごく一般的なブラジル人の先生(男性、30代)。

そのうち、先生の愚痴になる。
自分はこの英語学校に来て3年になるが、最近変わった女マネージャーが本当に嫌な奴だ、外部の人には愛想振りまいていい顔するけど、中ではとても厳しくて誰にも好かれてないんだよ、と散々なことを言う。

よくよく聞くと、以前は、仕事当日、突然具合が悪くなったら、メールや電話で他の先生に連絡をして、自分の担当予定のクラスを替わってもらっていたという。他の先生から頼まれて、自分が替わることも度々あったが、マネージャーが替わってからはそれが許されなくなった、という。休みは数日前に申請しないといけなくて、当日の場合は後から医師の診断書が必要になることもあるらしい。

「今までは、みんなで協力し合って、助け合って、楽しく学校で教えていたんだ。この学校は好きだし、英語を教えるのは僕は本当に好きなんだ。でも、今は、マネージャーがそんな風だから、僕たちもがんばる気にならない。人は親切にしてもらえば親切にしてあげたいと思うけど、そんな厳しい上司の下では、こっちも働く気がしない。例えば、廊下ですれ違った時に、物を落としたとするでしょ。それが仲間だったら拾ってあげるけど、そいつが落としたら拾ってあげる気にならないよね。だって、僕らは彼女に親切にされてないからさ。」・・・と。

「そうだよね~うん、うん」と相槌を打っていたが、よく考えてみると、アルバイトでもない正社員の彼らが管理職の知らないところで自由に他の同僚とシフトを替えて労働時間を調整していたというのは確かにおかしな話かもしれない。今までが自由すぎたのかもしれない。

「ブラジル人に働いてもらうには仕事を強制してはいけない、彼らが心からやりたい、と思わせるように仕掛けないとならない」と、日本人駐在員の方からよく聞く話だけれど、なんだかその女マネージャーが厳しいノルマの下に懸命に働く日本人に思えてきた。

終いに先生は、「そんな訳だから、これから新しい仕事を探すつもりなんだ。僕のキャリアなら他に仕事は見つかると思うよ」と。

そんなこと聞かされて、生徒の私は困るんだけどなぁ・・・と思いつつ、今日は思いがけず企業で働くブラジル人スタッフの本音を聞いた気がした。
スポンサーサイト
2011.11.21 Mon
アマゾンといえば豊富なフルーツの産地。
Polpa de Frutas は、フルーツの果肉のことで、薄めてジュースにしたり、デザートの材料にしたりする。ここで買えば、皮をむいたり、種をとったりという手間が省ける。
DSC_0191.jpg

Sucos Regionais 地元産ジュース
全てフルーツの名前。
最初は、クセが強く薬のような味で敬遠したものも、慣れるとおいしく感じるから不思議。
DSC_0192.jpg
2011.11.19 Sat
今年9月に訪れたエジンバラを思い出し、スコットランドディナーを試みる。
羊の臓物料理であるHaggisと、ラムや牛、野菜の入ったMIXスープ。ビールはベレン地元のCerpa。
RIMG3366.jpg

なんて、料理はお土産に買ってきた缶詰を少々アレンジした即席ディナー。
ウィスキーの香りがいい。
RIMG3368.jpg

本場のHaggis。
エジンバラのホテルのレストランで。
DSCN1850.jpg

本場の景色。
エジンバラの旧市街。
DSC_0001.jpg


ブラジル北部のベレンとイギリス北部のスコットランド。
同じ北部でもなんの共通点もなさそう・・・。

2011.11.18 Fri
マンゴの街ベレン
ベレンに住み始めてすぐの頃、街のあちこちにマンゴの巨木が植わっていることに驚いていたが、地元の人から「雨季になると、マンゴの実が落ちてきて、車にあたることもあるよ」とそんな説明を受けていた。
マンゴの実で車が傷つくなんて、余程運が悪いなー実は食べられるのかな~と、のんきに考えていた。

そして、この季節。
マンゴの実がなりはじめた。鈴なり!!
まだ青くて小さめだけど、確実に日々育っている。
DSCN2296.jpg

こんなに高い場所にも。
落下前に管理責任者のベレン市が一部収穫したり、個人が勝手に収穫したり(そして生計をたてていたり!)、低所の実であれば、近所の子供がそこらへんの棒を使って採ることもあるが・・・この高さ、どう見ても限界がある。
DSCN2328.jpg
DSCN2327.jpg

マンゴの実はしばらく経つと黄色く熟し、雨季になり雨が降り始めると一斉に落ちるという。一つ残らず落下する。こんなに高い場所からも、1個100gか200gか知らないけれど、時速何十キロかのスピードで落ちてくる。いつどのタイミングで落ちるかわからない。でも、必ずすべて落ちる時がくる。頭に直撃かもしれないし、10cm前かもしれない・・・まるでロシアンルーレットのような街だ。
2011.11.10 Thu
0001.jpg

Pindorama 月刊ピンドラーマ
サンパウロで唯一の日本語による月刊フリーペーパー。
http://www.editorakojiro.com

2011.11.09 Wed
相変わらず花材が多いけれど、生命力あふれる熱帯花材の活け方としてはこれぐらい賑やかにしたい。
サンパウロからトラックで運ばれる黄色い菊。
赤い実は日本の南天のようにも見えて、日伯交流的に!

Photo0059.jpg
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。