食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.05.24 Sat
ベロモンチ水力発電所建設について、シングー川流域に暮らす地元先住民との抗争が依然続いている。以下ニュース↓ 写真が衝撃的! パラー州では、こんなせめぎ合い抗争が時々起きている。
globo.com 23/05/2014

<ニュース訳>

先住民とヒベイリーニョス(川縁住民)が、パラー州のトランス・アマゾニカ(アマゾン横断道路)を封鎖

国立インディオ保護財団(Funai)とノルチ・エネルジーア社との会合を要求
企業側は、ベロモンチ水力発電所の建設条件に遵守していると主張


23日金曜日の早朝、約150人の先住民およびヒベイリーニョスが、パラー州の南西に位置するトランス・アマゾニカの2か所を封鎖した。抗議参加者は、ノルチ・エネルジーア社に対し、Vitoria do Xingu市におけるベロモンチ水力発電所の建設条件の一つである環境基礎計画を至急履行するよう要求している。

抗議の封鎖を行っている最初の地点は、Altamira市から27kmに位置しており、水力発電所工事の作業場へ続く道にある。もう一方の封鎖箇所は、BR‐230号線から50km地点で、メインの水力発電所建設現場の目の前である。先住民は、ベロモンテ水力発電所工事現場で働く労働者を乗せたバスの通行のみ妨害し、他の車両の通行への妨害行為は行っていない。

抗議参加者は、Funai会長およびノルチ・エネルジーア社社長が交渉の場を持つのであれば、道路を開通すると伝えている。会合の場を受け入れないということであれば、バスを放火すると予告している。

この出来事で、発電所工事は一時中断されている。ベロモンチ建設コンソーシアム(CCBM)によると、Altamira市に居住する労働者(全体の40%)は、工事現場へ辿り着かないので働くことが出来なくなっている。

ノルチ・エネルジーア社は規約違反を否定

ノルチ・エネルジーア社によると、同社とFunaiは21日(木)に、先住民の居住環境基礎計画(PBA-CI)に関する誓約書に署名した。これは、環境・再生可能天然資源院(Ibama)がベロモンチ水力発電所の建設を許可するための条件の一つともなっていた。その誓約書は、ノルチ・エネルジーア社がFunaiおよびシングー川流域地域に暮らす11の部族の首長と交わした、PBA-CIに関する約束の実行を保証するものである。この約束の履行については、今年の始めにAltamira市で開催された先住民約300名と、連邦検察庁(MPF)、Funaiおよび先住民支援機関の代表との会議の場でも再確認された。

ノルチ・エネルジーア社がPBA-CIの実行を約束した誓約書には、FUNAIも責任を負っており、更に、しっかり履行されるかどうかについては、先住民、ノルテ・エネルジーア社および先住民支援機関の代表からなる委員会がフォローアップすることとなっている。

ノルチ・エネルジーア社によれば、PBA-CI実行のための予算は、ベロモンチ水力発電所建設に伴い実施する環境基礎計画(PBA)の総予算、32億レアルの中に含まれている。


ベレンに暮らす以前は、インディオ(先住民)と呼ばれる人々はずっと奥深いジャングルの隔離された場所で暮らし、都市生活する現代人とはほぼ接点がないと思っていた。足を踏み入れるのは、勇気ある研究者かより辺境を求めるテレビ局ぐらいかな、と、そんなイメージを勝手に抱いていた。ところが、パラー州で地元ニュースをみていると、インディオは思ったよりずっと身近なところで生活し、同じ時代に、同じ世界に暮らす存在であることを知る。

ベロモンチ水力発電所はベレンから直線距離でたった約450km。150万都市のベレンに住んでいても、アマゾンに暮らしているんだな、と実感するニュース。
スポンサーサイト
2014.05.15 Thu
blueguide.jpg

『るるぶ ブラジル』に続いて、新しいブラジルのガイドブックが登場!

B6版変形で、ポケットサイズが魅力的。
W杯開催12都市や日系社会の歴史などコンパクトにまとめられている。
P.144の「日本での情報収集」では、旅行前に知っておくといい、情報サイト、情報本、小説、映画が紹介されている。
旅をする毎に思うけれど、事前知識があるとないとでは訪れた街全体の印象が変わる。後になって思い出す、昔の旅の思い出も変えていたりする。全く予備知識なく空港に降り立つのも、ある意味、贅沢な楽しみ方ではあるけれど、その街の歴史や文化の背景を知って出かけると、旅の楽しさ、奥深さがぐっと増し、感動一杯、胸一杯の旅になる。

というわけで、P.144はセレクション含めていい企画。
そして!ここでも、情報本の冒頭に、『ブラジル・カルチャー図鑑』が紹介されています!
2014.05.12 Mon
いよいよ、W杯開幕までほぼ1か月。
あまり実感が湧かないけれど、東京では、街の小さな小さな郵便局でもこんな切手に出会えちゃうから嘘ではないだろう。

5月12日、全国の郵便局等で発売!
販売期間は年内一杯というけれど、売り切れる可能性もあるね。

切手もいいけど、背景のシートもいいのでは・・・。
sheet1.jpg
sheet2.jpg
sheet3.jpg

詳しくは、郵便局のサイトにて。
https://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2014/h260512_t.html
2014.05.11 Sun
館林美術館では、映像記録作家の岡村淳さんの映画を鑑賞する。

映画は、ブラジルの著名アーティスト、大竹富江(トミエ・オオタケ)さんを追ったドキュメンタリーで、昨年、トミエさんの生誕100年を記念して、13年前の未発表の映像と最近のものをまとめた作品という。

トミエさんは1930年代、23歳の時にブラジルに移住し、結婚、出産、子育てを終えてから、本格的に絵画を始めた。以降、ブラジルの抽象画家のトップに登り詰め、最近は大型のモニュメントやインスタレーションも手掛ける。

飾り気のないトミエさんの姿が映され、無理なドラマ仕立てになっていない、極めて自然体な「本当」のドキュメンタリーを観たような気がした。映画の最後を締めくくる、トミエさんの故郷の心象風景とされる、(結構長い!)秋の京都の映像が印象的。
いつかお会いすることあるかな??と思っていた岡村監督とは、お互いの本を交換する。

サンパウロ近郊、サントスのビーチにあるトミエさんの作品(モニュメント)。
火が立ちのぼるような曲線と、京都の燃えるような紅葉の赤や黄色。確かに重なるものがあるかもしれない-。
DSC_0162.jpg
2014.05.11 Sun
群馬県立館林美術館へ行く。
出稼ぎ日系人・ブラジル人が多く住む大泉町に立ち寄りながらの、日本でブラジルに触れる旅。

なんて立派な美術館!
地方の博物館・美術館は、東京の数ある箱モノより、ずっと贅沢な敷地とモダンな建物で驚くことがある。
DSCN4816.jpg

地上ではあるけれど、中に入ると、直島の地中博物館を思わせる。
DSCN4819.jpg

展示品は、想像以上の数。
1935年、リベルダージで「聖美会」を立ち上げた、半田知雄、高岡由也、玉木勇治らの作品からはじまり、抽象画で名をあげたフラビオ・シロー(トメアスでお育ち!)や間部学、大竹富江など大物画家の絵がずらりと並ぶ。

最後の部屋は、現在、世界で活躍する日系二世、大岩オスカールの作品群で、大型なものからスケッチまで多数。ニューヨーク在住の大岩オスカールさん、いつかお会いできるかな。

作品の多くは、最近、兵庫県立美術館に寄贈された、リカルド・タケシ・赤川コレクションという。日系社会での画壇誕生~現在までこれだけ幅広い日系画家の作品を集め、ブラジル人の多い地域にあるこんな立派な美術館で、しかもW杯間近のこのタイミングとは・・・完璧な企画。学芸員、憧れるなー。

詳細は、館林美術館のサイトへどうぞ。
2014.05.03 Sat
ベレンにゆかりある人が集まって、ついにこの地に・・・・
DSCN4733.jpg

GW中の昼間のゴールデン街はとても静か。店主もお客も住みつく猫もみんなみんなお休み中。
DSCN4739.jpg

目的のお店は、週末・休日のみあるママさんが店に立つというお店。
1979年に、単身でブラジルに渡り、9年間マナウスでバーをしていた女性で、ブラジルに渡る前もこの地でバーを経営されていた。60年代後半~70年代といえば、ゴールデン街が最も華やかだった頃で、映画・演劇・文壇関係者に加え、全共闘に明け暮れる若者の巣窟にもなっていた。その世界ではかなり名の知れたママさんなわけだが、80歳近いとはとても思えない溌剌としたトークの合間に、え、そんなこともあったの・・・という、ここでしか聞けない話もあったりして。
バーのママ、佐々木美智子さんの著書はこちら

お土産に持ち込んだ、ベレン発のジャンブーカシャッサ。
最近は、リオやサンパウロの高級レストランで珍重されているとか。
ジャンブーカシャッサ、ゴールデン街初上陸の図!!(日本初上陸かも・・?)
DSCN4751.jpg
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。