食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.12.30 Tue
レシフェ・オリンダでは、Centro de Artesanato do Pernambuco、Casa da Cultura、博物館など一通りのArtesanatoスポットに立ち寄り、今回の旅を終える。

レシフェの旧市街
(ベレンも改修すればこれくらいになるのにな~とふと思いながら)
DSC_0071.jpg

ノルデスチ(北東部)の魅力、木版画タッチの壁画アートがさりげなくいい。
DSC_0089.jpg

操り人形も有名。
こんな表情も慣れてくるとかわいい。
DSCN6535.jpg
スポンサーサイト
2014.12.28 Sun
今回は、Artesanato(民芸品)を巡る旅。
結局、旅の目的はいつもそんな感じだけれど、今回は特別。ブラジル民芸品の宝庫といわれる地で、ここ数年何度も計画倒れしていた旅先。大学のフィールドワーク先の一つにも決まったので、出発前から旅のしおりを作ったりして一人盛り上がる。

旅先は、ペルナンブーコ州。レシフェ、オリンダを拠点に内陸へ。
到着翌日、内陸へ進むつもりだったが、急遽予定変更して翌日はレシフェ、オリンダ+周辺を廻る。3日目に長距離バスでいよいよ出発。途中、BezerrosやCaruaruなどいくつかの(Artesanato)ホットスポットへ立ち寄り、最終目的Alto do Mouraへ。

「Alto do Mouraへようこそ」の下に書かれた文字は、「南北アメリカ最大の人形アートの中心地」 ・・・この小さな村が南北アメリカ最大?と極めて疑わしい気もしたが、国際機関ユネスコからそう呼ばれているそう。
参考:http://www.empetur.com.br/web/setur/exibir-noticia?groupId=21782&articleId=19221657&templateId=28657

DSCN6257.jpg

Alto do Mouraは、レシフェから130km西のCaruaru市中心からさらに約7km。その地区内に、民芸品を売る店やアトリエが集まるエリアがある。そこはもう村というか集落というか・・・地元料理(ヤギ料理)や宿泊施設があったり思ったより観光地化しているけれど、車でない旅行者が辿り着くのはなかなかハードルが高い。あらゆる公共交通機関を使いまくり、ついに民芸品の聖地に到着!

作家さんやお店の人と話しはじめると、みんな作品のこと、自分のこと、家族のこと、村のことにおしゃべりのネタは広がり、なかなか帰れない。誰も何にも急いでいない、なんだかとってもゆったりとしたところ。
会いたかった作家さんが店奥のアトリエで作品を作っていたり、見たかった作品が整然と並べられていたり・・・夢でみたおとぎの国に来てしまったみたい。
DSC_0408.jpg
2014.12.21 Sun
日曜日の昼下がり。
東京の繁華街であれば最も賑わうカフェタイムでも、ブラジルでは空いているお店を探すのが困難な時間帯。ショッピングセンターに駆け込むのも味気ないし・・・というわけで、シャッター街と化した商店地区で珍しく開店しているカフェに入ってみる。

カフェでは、決して自分で作らない(作れない)デザートを注文するのが鉄則。
DSCN5971.jpg

お店は、楽しそうにおしゃべりする家族や友達グループで満席。
日曜午後、実は外に出たいブラジル人多いのでは?
2014.12.20 Sat
ニュースでは日韓関係があまりよろしくない今日この頃・・・ブラジリアにある唯一の韓国料理屋へ。
ここでは、ビビンバにお味噌汁もアリ。
DSCN5909.jpg

■ Happy House
住所: Venâncio Shopping内、Quadra 8 Bloco B 60 - Shs/Scs - Asa Sul, Brasília - DF
TEL:  55 (61)3223-8230
営業時間: 月~土 11h-15h30

2014.12.11 Thu
メリークリスマス!
DSCN5887.jpg
2014.12.07 Sun
ブラジルの近代詩人、マリオ・デ・アンドラーデ(マリオ・ヂ・アンドラーヂ)。
1920年代、サンパウロで開催された「近代芸術週間」から湧いたモダニズム思想運動の中心的人物で、詩人のほか、文筆家、評論家、民俗学者でもある。

企画展のテーマは、彼が当時の芸術家と交わした多くの手紙を通じて、彼の交流関係やモダニズム運動を取り上げている。画家のPortinari(ポルチナリ)やTarsila do Amaral(タルシーラ・ド・アマラウ)など著名画家が描いた作品とともに、アンドラーデと交わした手紙が展示されていたりして、なかなか面白い企画。
DSCN5807_20141221083554b98.jpg

Di Cavalcanti(ディ・カヴァルカンティ)からアンドラーデに宛てた手紙。なんて貴重!(筆跡はほぼ解読不明だが)
DSCN5812.jpg

ちなみに、アンドラーデは思想運動の一環で自国のアイデンティティーを再発見するべく、1927年アマゾンを旅している。その頃、ベレンはゴム最盛期の直後で、資産家たちの豪邸やオペラ劇場、映画館の間を電車が走る街並みは「アマゾンのパリ」と呼ばれて久しかった。

アンドラーデは、地元の新聞で、ベレンについて絶賛している。
「リオやベロ・オリゾンチ、レシフェ、サンパウロはそれぞれ美しい街であるが個性に欠けている。ベレンはオーロ・プレットやジョインヴィレ、サルバドールのような個性ある魅力をもっている。それはマンゴ並木であったり人々であったり、完全に独特で美しい環境が作られている。外国の木が街路樹として植えられていることに恐ろしくも感じる(Folha do Norte, 24 de Maio de 1927)」
翌年1928年に書かれた彼の代表作「Macunaíma」は、旅の印象がたくさん盛り込まれているに違いない。

Mário de Andrade – Cartas do Modernismo
会期: De 30 de outubro a 4 de janeiro de 2015. De terça-feira a sexta, das 10 às 19h; sábados, domingos e feriados, das 12 às 18h.
場所: Museu dos Correios (SCS quadra 4, bloco A, 256 - Asa Sul, Brasília)
入場無料

2014.12.07 Sun
今日は美術館巡りデー。

大学1,2年の頃からずっと好きなマルク・シャガール。シャガール美術館に憧れて、一人で南仏ニースに見に行ったこともあったっけ。部屋にポスター貼ったり、ポストカードを額にいれて飾ったり、若かったな。

企画展のテーマは、フォンテーヌ童話とそれを題材にして描かれたシャガールの作品群。主に白黒のエッチング作品で、出展数がかなり多い。シャガールは聖書を題材とした作品が有名だけれど、童話ネタもこんなに制作していたとは!
DSCN5795.jpg

いくつかの作品は、その題材となったフォンテーヌが残した詩文と一緒に展示されている。薄暗い会場、展示装飾も雰囲気あって、童話の世界に入り込んじゃったみたい。オオカミとか赤ずきんちゃんとかでてきそう。
DSCN5792.jpg

会場にいた係りのブラジル人が、企画展の解説をしてくれる。「エゾッポ」と連発していて何のことかと思ったが、イソップ童話のことだと後から気づく。ポルトガル語でイソップ童話は、Fábula de Esopo。

"Marc Chagall, Fábulas de La Fontaine"
会期: 30 de outubro de 2014 a 11 de janeiro de 2015. De terça a sexta-feira, das 10h às 19h. Sábados e domingos, das 12h às 18h
場所: Museu dos Correios (SCS quadra 4, bloco A, 256 - Asa Sul, Brasília)
入場無料


2014.12.03 Wed
ブラジリア大学の校舎にあるホールでなにやら異国のイベントが・・・。
その国の風景写真や絵画、陶器、その他工芸品が飾ってある。

どこかで見覚えがある景色と思ったら、イランのイベントでこれまた珍しい。
DSCN5758.jpg

青が美しい。イランの青といえば、イスファハーンの寺院が忘れられない。
DSCN5759.jpg
DSCN5761.jpg

観光学在学の4年生数人グループが企画したイベントで、イラン大使館の協力を得て実現したという。午前中にはイランの伝統食が振る舞われ、大使館関係者、学生の研究発表が続き、夕方にはイラン映画が企画されたという。ブラジリアで思いがけずイランへ小旅行した気分!
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。