食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01.24 Sat
ブラジリアに長く住む日本人の方の家にお招きいただく。
なんてステキなアフタヌーンティータイム!

手作りパンに感動!
パンをちぎると生地がビヨーンとさけていくこの感覚・・・これぞ日本的パン。

DSCN6824.jpg

こういうサンドイッチも懐かしい。
DSCN6825.jpg

実は、ブラジルで日本的なパンをつくるのは至難の技。
というのも、ブラジルでは小麦粉といえば薄力粉が一般的で、中力粉は時々見かけ、もちもちパンに欠かせない強力粉となるとほとんど売られていないから。

そもそも小麦粉の種類なんて、日本ではそれほど気にしたこともなかったけれど調べてみるとなかなか奥深い。(・・・って常識かな?)
薄力粉→中力粉→強力粉になるにしたがって、タンパク質であるグルテンの含有量が増えて、水を加えてこねた時、粘りや弾力性がでるという。つまり、薄力粉は普通のケーキやクッキーに適し、中力粉はうどん、日本的なもっちりパンは強力粉が必須、となる。

グルテンが含まれるほど質が高いというわけで、ブラジルでは小麦粉のパッケージに、「Premium(上質)」と書かれてある商品は、薄力粉より中力粉に近い。一般的なスーパーでは強力粉はまず見かけない。

そういえば、多くの穀物(大豆、トウモロコシ、米)で食料自給率が100%を上回るかそれに近いというブラジルで、意外にも小麦粉は国内消費量の約半分を輸入に頼っている。主な輸入国は、1位アメリカ、2位アルゼンチン、3位ウルグアイ(統計:ブラジル開発商工省、2014年)。
もともと、ブラジルではさくっとさらっとしたパンが好まれていて、強力粉を必要としていないわけだけど自給率が低い、という事情も関係してるのかな?要調査。

ブラジルでパン作りをする多くの日本人は、スーパーの片隅に売られている(品切れのことも多い)この中力粉(Premium)で代用する、という話はきいていたけれど、その方は、なんでも近くのパン屋さんから小麦粉をキロ単位に購入して、日本から運んだ強力粉や輸入品をサンパウロで仕入れて、絶妙な配分で調合してパン生地を作られるという。サンパウロで売っている?グルテンの粉(Farinha de Glúten)を混ぜる、という方法もあるらしい。

どおりでふわっふわなわけです。
スポンサーサイト
2015.01.23 Fri
ヒマな入院中に使ったポ語を覚書メモ。
辞書には載っていないポ語もあったりして、こんな時生きたポ語を学びます。

点滴(薬剤自体)   Soro  
   ※Transfusãoというと同じ点滴でも輸血(Transfusão de sangue)を連想する。
点滴(針の部分)   Jelco
点滴(管の部分)   Equipo
点滴を支える棒(日本語では点滴スタンドというらしい!)   Suporte

呼出しボタン   Campainha
ベットの柵   Grade ※柵を下す Baixar a grade、柵を上げる Levantar a grade。

血液検査   Exame de sangue
超音波検査   Ultra-sonografia
レントゲン検査   Radiografia
CTスキャン検査   Tomografia Computadorizada ※略してTomografiaということが多い。

ちなみに、CTスキャンでは例のトンネルの中のベットに寝かされると部屋に一人残される。直に装置が動いたと思うといきなり音声が流れてくる。日本で検査していればわかる、あの「息を吸ってー、止めてー、吐いてー」なのだけど、一人緊張が高まる中でいきなり流れる音響の悪いポ語はかなり聞きずらい。分からないと動揺しちゃうので要注意。この病院では、こういってた様子。

"Encha o pulmão de ar"  (息を思い切り吸って)肺を空気で一杯にしてください
"Respire normal"  普通に息をしてください

これを2、3回繰り返す。超音波検査やレントゲン検査でも同じかな、と。

抗炎症剤   Antiinflamatório
抗生物質   Antibiótico

入院   Internação ※入院しているは、Estar internado。
退院   Alta ※退院するは、Ter alta do hospital や普通に Sair do hospital。
会計(窓口)  Tesouraria


こんなポ語はもう使う機会がこないといいが。
2015.01.23 Fri
DSCN6817.jpg

胃腸の痛みと違和感が続き、病院へ行くと、なんとそのまま入院勧告-。
ウィルス性の胃腸炎を甘くみてはマズイ、薬処方の自宅治療より入院して点滴で一気に治しましょう、という医師の一言で、ブラジル生活7年目にして初めて入院することに。

部屋はさすが私立病院で、原則一人一部屋の上、改装直後でなかなかきれい。トイレ・シャワーはもちろん、薄型テレビ、クーラー、冷蔵庫、セイフティーボックス、付き添い人が寝てもいい長ソファー完備で、日本のビジネスホテルに負けず劣らず。

そして、これまで何人もの日本人から入院体験を耳にしていたけれど、感想はご多分に漏れず、といったところ。(私立病院のケース) とにかく寝る暇もないくらい、人の出入りが激しく、彼らの縦割り業務ぶりがすごい。
・担当医師(1日2回)
・看護婦(1日2、3回)
・体温と血圧を測る人(1日3回)
・点滴を交換する人(1日5、6回)
・薬をもってくる人(1日3回)
・食事を給仕する人(1日6回×2)・・・朝・昼・晩・おやつ3回×配膳と回収
・ゴミを掃除する人(1日2回)

その他、寒いので毛布をお願いするとこの内線番号、シーツはこの番号、テレビとクーラーのリモコンはこの番号・・・と、とにかく細分化しまくっていて、届けに来る顔ぶれは全員違う。頼んだものがなかなか来ないのでヤキモキしていると、数人が一度にやってきて、一気に部屋が満員状態になったりする。

優しく親切な人、明るい人、無表情な人、やる気のなさそうな人もバラバラで、そのギャップがまた激しい。
点滴をはじめて直に、どこからか若者が車いすを押してやってきた。CTスキャンの検査ということで、誘導されるまま緊張一杯で車いすに座る。・・・と同時に、「あなた、日本人でしょ?」からはじまり、自分のお兄さんがいかに日本の漫画が好きかを語りはじめる。知っている単語は、「Arigatou」と「Baka」だ、自分の兄とケンカになるといつも「Baka」、「Pare(黙れ)」、「Baka」、「Pare」と繰り返していた、とそんなたわいのなさすぎる思い出話で(彼が)盛り上がっているうちに、薄暗いCTスキャンの部屋に到着・・・。おかげで緊張は解けたけれど、決して、彼は患者の緊張をほぐすために話したわけではないだろう。それがブラジル人だよね。

退院直前には、栄養士と名乗るお兄さんが、突然、「食べ物のアレルギーありますか?好き嫌いありますか?」と、やって来る。もう、何度も給仕されてるし、もう退院しますし・・・というツッコミももはや遅すぎる。「何でも大丈夫です」と正直に答えると、「キアーボ(おくら)は平気か?」「じゃ、ジロー(苦みのあるブラジルの野菜)はどうだ?」「さすがにマシシー(これもブラジル特産の野菜)は無理だろう?」・・・・これ雑談じゃないかな?

そして、あの予定してた検査、結局していない?とか、あの薬はなんだったんだろう?など、多少の疑問を残しつつ、退院時。今度は、会計受付に立ち寄り、出口まで誘導してくれるおじさんが迎えにきてくれる。これも担当。
途中、患者を乗せた車いすを押す例の若者と廊下ですれ違う。どうやら彼は、入院病棟と検査室を誘導する係りらしい。ブラジル人には覚えにくい私の名前を呼んで挨拶してくれてびっくり。そんな人情味溢れる一コマがあったり。

病院という施設で、3日間、朝から晩までサービスを受ける身になると、そこはもうブラジル社会の縮図のようで、その人間模様はかなり面白い。貴重な入院体験でした。
2015.01.01 Thu
Ano novo-2015

今月の企画展(勝手に自宅開催)のテーマは、ブラジル・ペルナンブーコ州のArtesanato(民芸品)。友達からもらったMade in Japanの干支飾りとペルナンブーコ特産の泥人形で謹賀新年。

DSCN6704.jpg
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。