食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.08.10 Mon
サンパウロに住んでいた6、7年前、毎日のように出歩いていた辺り。

これがパウリスタ大通りを堂々突き抜ける、噂の自転車通り。
DSCN3162.jpg

ニュースで見たり、サンパウロの友人に聞いていたりしていたけれど、想像以上の存在感。
DSCN3170.jpg

バスもメトロも通っているこの大通りに自転車通りは必要なくて、むしろパウリスタまで辿りつくまでが最優先、という意見もきくけれど、実際はどうなのかな。車道の渋滞緩和に役だっているのかな。
DSCN3171.jpg

懐かしのパウリスタ・ランチといえば、断然、パルメジャーナとストロガノフ!
DSCN3191.jpg

この高層ビル街に住んでいたんだな、、と。だんだん思い出になっていく。
DSCN3184.jpg
スポンサーサイト
2015.08.09 Sun
週末に、2年半ぶりのサンパウロ。

まずは、買い出しかねてリベルダージへ。
駅前広場の懐かしの週末フェイラ。
DSCN3116.jpg

「今川焼」の屋台。
DSCN3132.jpg

熱帯フルーツジュース。どの屋台も変わってなくて嬉しい。
DSCN3130.jpg

リベルダージのBanca(キオスク)は、邦字新聞やブラジルの日本文化専門の雑誌など、他と違う品揃えが面白い。
DSCN3119.jpg

リベルダージの多くの日系商店で起きているように、一時は中国系に売り渡されそうになった、老舗日系ホテル「Nikkey Palace Hotel」。地元有力者である池崎ファミリーによって買収され、今でも「日系」を守っている。朝食は日本食もある。それでこそ!
DSCN3144.jpg
2015.08.07 Fri
建築、写真好きにはたまらない人工都市ブラジリア。おすすめ写真集はこちら。(覚書)

■“Brasília” (ポ英併記)
写真家Márcio Carvalhoによる写真集。持ち帰るには少し重い大判サイズだけれど、迫力ある写真は圧巻。
capa-brasilia1.jpg

■“BRASÍLIA 60Colorfotos”(ポ英仏独西併記)
ブラジリアの主要な建築物の写真を網羅する、手軽なハンドブックタイプ。
capa-brasilia2.jpg

■“BRASIL, Capital BRASÍLIA-A História de Brasília” (ポ英西併記)
写真とともに首都建築の歴史を知ることができる一冊。ハンドブックタイプ。
capa-brasilia3.jpg

(番外)
■“Aves comuns BRASÍLIA” Marcelo Pontes Monteiro(ポ語のみ)
南米大陸の中央に位置するブラジリアは、世界的にも種類豊富な野鳥が生息するエリアとして有名。鳥好きな方にオススメの野鳥図鑑。
capa-brasilia4.jpg
2015.08.05 Wed
ベレンに注文していたホタテがついに届く。
日本でも見たことないようなカナダ産のこの大粒ホタテ、ブラジルでは去年から売り出されたという。

DSCN3080.jpg

肉厚でしっかりした味わい。
このほか、ホワイトシチューやワカメやエビとあわせた海鮮サラダ、シンプルなホイル焼きなど試したいメニューがたくさん。
久々に家で高級食材!
2015.08.02 Sun
サンパウロやリオではアマゾン料理屋に行かない限り、パラー料理には出会うことはないけれど、意外にもここでは気軽に食べることができる。
ブラジリア中心にあるTV塔下で開かれる週末フェイラでは、パラー屋台があって、タカカーやアサイーはもちろん、こんな料理まで!→屋台の様子はこちらの記事(後半)

カルルー Carurú
家に持ちかえり、トゥクピーピメンタをかけて食す。
この独特の味、先住民系料理の風味というか熱帯料理というべきか、これぞアマゾン料理。おくらと煮込んだドロッと感がとんでもなく個性的。
DSCN3075.jpg

懐かしいお味!
2015.08.01 Sat
さっぱりしたものが食べたいときは、韓国冷麺なんていい。

ブラジリアにある唯一の韓国料理屋へ再び。→前の記事
ビッフェ(ポルキロ)もあるけれど、一品料理を頼むと、白いお皿に入ったキムチやチジミなどいくつもおかずがついてくる。さすが韓国人一世ご夫婦がオーナーのお店だけある。
DSCN3068_2015100911182269b.jpg
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。