食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
2015.11.30 Mon
日本に帰国すると、料理が得意の姉がイタリア家庭料理を作ってくれる。
ざっと1時間足らずで3品コース料理が出来上がる。

野菜スープ
image1.jpg

あさりとからすみのパスタ
image2.jpg

ローズマリー風味の鶏肉のグリル、ポテト添え
image4.jpg

イタリアではこうして必ず3品コースが基本で、和食のように大きな器や小鉢が一度に食卓に並ぶようなことはない。
家で作ってもらい食べるだけって嬉しい。
スポンサーサイト
2015.11.25 Wed
一時帰国して楽しいのは、平日昼間にヒマな友達を見つけて会うという自由な時間。

ブラジルではなかなか出会わない、フルーツあんみつ(抹茶アイス付) を注文する。なんて美しい!
macha.jpg


成田でも羽田でも空港でよく売られているお菓子が抹茶シリーズ。
今や京都だけでなく、外国人に人気の国内観光地では、たいてい抹茶パフェだったり、抹茶ソフトクリームが地元スイーツのように売られている。すっかり、抹茶味は日本の代表するデザートになったんだなぁ、、と思う。

では、ブラジルで抹茶の知名度は??
サンパウロのリベルダージ(東洋人街)にある日本食屋や日本人経営の正統派日本食屋では、デザートメニューに抹茶アイスが並んでいることが少なくない。また、サンパウロでジワジワと店舗を増やしている「スターバックス・コーヒー」では、堂々、抹茶フラペチーノがメニューにあって、そんなこともあって、サンパウロのブラジル人にはそこそこ知られている。

けれど、ブラジリアでは・・・!
大学の友人10人に、あずきを添えた抹茶アイスを食べてもらったところ、まずブラジルのアイスではありえない色をみて何味?と、聞いてくる具合。抹茶の説明をして、日本土産として人気の事情を伝えたところで、やっと表情が和らいでくる。抹茶の知名度の低さは、ブラジリアにスターバックスが一店舗も存在しないことも原因かもしれない。

次に、あずきの説明をする。これまで日本や日系人と縁がないブラジル人には抹茶アイスよりハードルが高く、豆料理はおかずという印象が強すぎるのか甘い豆はちょっと・・・という曇り顔で、口をつけようとしない人もいたり。もちろん、美味しいといって完食してくれるブラジル人がほとんどだけれど、この絶妙な味のコンビネーションをどれだけわかってくれているかは不明。

そんなブラジルの抹茶とあずき事情をふと考える。
2015.11.18 Wed
日本に一時帰国して食べたいものは、おそば屋さんのおそば。
多分、この15年以上、好きな食べ物ランキング5位以内に入るのがおそばかもしれない。

特に暑い日に食べる、冷たいおそばが好き。
うずらの卵の入っていないとろろそば、こんな大根おろし・なめこそばもいい。
そして、最後に、濃い目のそば湯を楽しめるのがお店でいただく醍醐味!

DSC_0491.jpg
2015.11.05 Thu
昨年に引き続き、ブラジリアで最大級の民芸品展「Salão do Artesanato」へ。
DSCN7998.jpg

今回は大学の指導教官と同じゼミの友人と。
まずは研究テーマであるペルナンブーコ州のブースへ。同州出身の先生の解説をききつつ、これまで知り合いになった民芸品作家さんたちと再会して盛り上がる。いつもは落ちこぼれの生徒だけれど、こんな時は作家さんたちを先生に紹介できたりしてなんだか嬉しい。研究というより・・・すっかり旅行気分!
DSCN8011.jpg

・・・といっても、やっぱりホームだな、と落ち着くのは、パラー州。
DSCN8014.jpg

DSCN8070.jpg

DSCN8067.jpg

Cheiro do Pará(パラーの香り)が懐かしすぎる。ベレンでタクシーに乗ると、たいていこの香り。
DSCN8071.jpg

Template by まるぼろらいと