食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.25 Mon
桜が美しすぎて、もっと記録しておきたいと思う。

京都にも遅咲きの桜がある。

仁和寺の桜
4月下旬、今が満開。
RIMG0294.jpg

樹高が低く、地表にでた枝はすぐに枝分かれし、花をつけている。
「御室桜」とも呼ばれ、京都では背が低いこと人のことを「御室桜のような」という例えがあるらしい。
決して褒め言葉ではないだろうけど。私のような桜だな、となんとなく嬉しく思う。
「仁和寺の法師」にしても、ちょっと憎めないお寺。
RIMG0296.jpg

これほど満開な桜に囲まれたのは初めてかもしれない。
満開の桜を見ると、学生時代に読んだ「桜の森の満開の下」を思い出す。
地面を眺めて、ちょっと不気味な気持ちになる。
RIMG0287.jpg

桜が散る淋しさは、古くから多くの歌人に詠われてきた。暮らしも環境ももっとシンプルだった昔、満開の季節が過ぎるその淋しさはやりきれないものだっただろう、と思う。
陰と陽の世界を巡る。

RIMG0174.jpg
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/149-43b4e4ac
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。