食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.05 Thu
RIMG1036.jpg

ベレンに来て一週間、気づいたことをメモってみる。

(人々)
1.街ゆく人々の服装がとにかく軽装。短パン姿の男性も多く見かける。道で物売りしている男性は、上半身裸やTシャツをまくり上げてお腹を出していることも!オフィスが比較的集まっているエリアでも、スーツ姿はほとんど見かけない。→スーツ、Yシャツを着るような人は、エアコン付の車で移動するから・・・。

2.肌の色は平均的にサンパウロの人種より明らかに黒いが、日焼けしている混血という印象。インディオとの混血も多く、アフリカ系黒人というより、エキゾチックな顔つきが目立つ。白人系もちらほら。

3.背は男女ともにそれほど高くない。また、体型は男女ともに太目が多いが、アメリカにいるような並外れた肥満型はみない。

4.サンパウロと同様、人々は親切で愛想がいい。道を歩く人も店で働く人も、なんとなくペースがのんびりしている。

(街並み)
1.街の中心と言われる場所は、商店、オフィス、住居が混合している。残念ながら、保存状態がよくない古い建物が多く、街並みは雑然としている。3車線の道路は常に車で混みあっている。

2.街の中心地の通りには、大きなマンゴの木が両サイドに植わっていて、そのおかげで歩道に木陰ができている。

3.特に、新興エリアでは古い平屋の合間に、25階建て以上の高層マンションが続々と立っている。

4.あちこちに屋台があり、パラー地元料理を売っている。

5.市内は車道も歩道も舗装されているが、かなりボコボコしているので要注意。

(気候)
1.5月は夏・乾季と表現する。昼間は暑くて、10分も歩くとフラフラする。日本の夏のような蒸し暑さはないが、日差しが強いため目が痛くなる。時々、スコールのような雨が降る。

2.朝・夕は、風が吹くことが多くさわやか。特に風のある夜は涼しくて快適。

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/156-5c8109f1
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。