食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.30 Thu
pelourinho1.jpg

pelourinho2.jpg

急逝後、一か月が経つ。

"They don't care about us"
ここブラジルで、この一カ月に、TV、ラジオ、音楽ショップで街で・・・何十回、何百回、この曲を聞いただろうか。特に、死後1週間はテレビをつければこのビデオクリップばかりだった。
http://www.youtube.com/watch?v=gCqQ2JcQWGs&feature=fvst

クリップの撮影は、ブラジルのリオとサルバドール。
特に、サルバドールのペロリーニョ広場(かつて奴隷売買された広場)の急な坂道で、大勢のエキストラを使ったライブは迫力ある。エキストラは実際にファベーラ(スラム街)に住む人々も、、、カーニバルで鍛えられたプロ同等の踊りと楽器を見せている。

確かにこのミュージックビデオ、すごくかっこいい。
マイケルはすでに白い顔、肌。
歌、声、踊りはものすごく力強く、無敵なオーラがある。

ちなみに、曲の始まりにブラジル人の叫び声が入る。
〝Michael, Michael, Eles não ligam pra gente!″
そっか、ポルトガル語だったんだ。。
「マイケル、マイケル、彼らは私たちのことを気にかけてくれないのー!」
やけにリアル感ある。


写真はペロリーニョ広場(08年10月)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/16-ea8fbea7
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。