食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.13 Wed
食材売り場の隣には、高椅子が置かれた小さな食堂が軒を連ねる。
地元料理のオンパレード。

午前中~昼間は、特にこれを食べている人で賑わう。
CIMG2543.jpg

アサイ!!
1杯4レアル(約200円)
CIMG2708.jpg
アサイフルーツをつぶして作ったフレッシュ果汁といった感じ・・・サンパウロとは全く違うアサイの姿。
サンパウロのアサイ
キャッサバ芋を加工した粉状のfarinha d'águaまたはポップコーンの欠片のような粒状のfarinha de tapioca、そしてお砂糖を入れて食べるのが一般的。氷を1,2個入れて冷やして食べることもある。写真は、farinha de tapiocaと。

最近、日本では、ポリフェノールがワインの何十倍の健康食という売り込みで知名度上昇中だが、この地域では毎日のようにこの生のアサイを食事代わりに食べている人もいる。というより・・これが食事、なのである。最近は、好きだけど高カロリーになるので控えてる、という地元若者も。

アサイは冷凍すれば長持ちするが、生の場合24時間が限界ということだから、ここでしか食べられない贅沢な食かもしれない。味はどんな料理、フルーツにも似つかず表現が難しい。ドロっとしていて濃い味わいだけど、なぜか癖になるあっさり感もある。

店裏に置かれた、バケツ一杯のアサイたち。
CIMG2542.jpg

市場の隣はこの風景。
CIMG2535.jpg

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/173-a1c06b1d
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。