食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.18 Sun
ベレンの代表料理と言えば、タカカ(tacacá)!
RIMG3169.jpg

材料は
・トゥクピー(Tucupi、毒抜きしたマンジョッカのしぼり汁)
 ※にんにく、シコーリ(Cchicória、チコリ)、アルファバッカ(Alfavaca、バジル)、塩で味付け。
・ジャンブー(Jambu、別名agrião-do-pará パラーのクレソン、舌がビリっとする葉)
・塩漬けした干しエビ
・ゴマ(タピオカの粉)

シンプルな一食だけど、それぞれ違う食感、味わい、歯ごたえで、コンビネーションは絶妙。
トゥクピーの味により、タカカ自体の味がだいぶ変わる。さらに、ゴマのドロっと加減、ジャンブーの茹で具合、干しエビの塩抜き加減など突き詰めると、なかなか奥深い。
5回くらい試してやっと満足いくタカカ完成!

夕方、日差しが弱くなった頃、ベレンの街角では、酸味のきいた食欲をそそるタカカの香りがしてくる。レストランの料理というより、屋台で売られる地元食。ゴマは熱を閉じ込め、アツアツスープはさらに熱く感じる。熱帯ベレンの人々にとって、発汗作用と塩分補給を兼ねた大切な食のよう。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/207-02994413
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。