食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
2012.01.06 Fri
2014年のブラジル・ワールドカップまで、あと2年と5か月。
昨年ぐらいから、スタジアム、空港、道路などの整備計画が大幅に遅れているというニュースが絶えず、本当に実現するのかな??と、ソワソワ気味なブラジル人に出会うこともある。

そんな危うい?2014年W杯だけど、今日は、試合開催地12都市から外れ、一気にテンションが下がっていたベレンに気になるニュースを見つけた。

“ブラジル観光省が採択中のW杯期間中の公式観光スポットにベレンが選ばれる”というニュース。現在、選考済の観光スポットは184か所で、最終的に65か所に絞り込まれるとのことだから、喜んでいいのかどうか微妙なニュースであるけれど・・・何か光があるかもしれない!

選考の基準は、開催地12都市から陸路で3時間、空路で2時間以内に位置し、文化や歴史遺産のある魅力的な場所という。ベレンは、同じブラジル北部(ノルチ)で、開催地となったアマゾナス州の州都マナウスから空路2時間である。ギリギリ規定内で落選の心配もしてしまうが、ブラジルは広い。アマゾンの深い森に囲まれたマナウスから、飛行機で2時間の候補となりそうな地方都市は他にない。何気に400年の歴史を持つ(ブラジルでは古い街!)ベレンは当選確実なのでは??!

最終の公式観光スポット65か所に選ばれると、国や州政府から資金が投入され、国内外から観光客を積極的に呼び込み、観光収入や雇用の創出が予想されるとのこと。
ベレンが、英語版の公式観光サイトやパンフレットに登場するようになるのかな。。

参考サイト:Diário On Line 06/01/2012
http://www.diarioonline.com.br/noticia-182296-belem-entre-roteiros-indicados-para-copa.html
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/218-53a170e4
Template by まるぼろらいと