食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
2012.01.19 Thu
今日の気候(19日 19:00)
温度 25℃  湿度 70%

ベレンに来てから、これまで住んでいた東京やサンパウロがどれほど過ごしやすい気候だったか、過ごしやすい気候がどれだけ恵まれたことなのかを実感し、来る日も来る日も暑いベレンはクーラーなしでは勉強するにも仕事をするにも厳しい環境だと感じていた。特によそから来た私にとって、ベレン(我が家)の平均気温32℃は脳の活動が明らかに停滞してしまい、集中して何かに取り組むということが難しい。一日何度「暑い」という言葉を自然に発しているかな・・・おそらく30回は達しているはず。

12月初旬、雨季になってからも暑さはそれほど変わらず、やっぱり一年中ベレンは暑いのね、と覚悟していたところ、ちょうどこの1週間ほど前から過ごしやすいと感じることが増えた。特に朝と夕方~夜は肌寒いと感じることも。

薄手の袖なしワンピースを1枚着て、快適と思う温度はおよそ26℃だとわかった。それ以下だと少し肌寒く感じ、それ以上だと1℃上がる毎に不快度が増す。

ただ、不思議なことにそうした涼しい日を迎えると、時々快適だなーと感じるものの、それほど意識することなく、感謝することなく、気がつくとその日が終わっている。そして、暑い日が訪れると、また涼しい日がどれだけ貴重なのか思いだす。

なんだか、損なって初めて気づく「健康」や「幸せ」と似ている。快適な気候にも感謝しなければ!
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/224-3c017cc0
Template by まるぼろらいと