食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.20 Fri
ブラジルの代表的な版画家オズワールド・ゴエルジ(Oswaldo Goeldi)。
昨年、没50年ということで、単独企画展がこのベレンでも開催されている。
ブラジルの動植物を描いた作品は暖か味があって好きだったけれど、まさか幼少期ベレンで育ちで、あのEmílio Goeldiの息子とは!
Emílio Goeldiはスイス系移民で動植物研究者。彼の家と庭が今でも博物館・動物園としてベレンの中心地に残っている。⇒Museu Paraense Emílio Goeldi

今回の企画展はUFPA美術館。家から徒歩3分のお気に入りの場所。
RIMG0488.jpg

幼少期のベレンでの記憶が彼の作品にどう影響しているかなど、ベレン住人にはたまらなく嬉しい展示もあり。
RIMG0481.jpg


“Oswaldo Goeldi: Poesia Gravada”
期間:2011年12月14日-2012年2月19日
時間:9時~17時(火~金)、10時~14時(土・日)、祝日は休館
場所:Museu da Universidade Federal do Pará (UFPA)
   Av. Gov. José Malcher, 1192 – Nazaré

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/229-a85ef67f
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。