食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02.28 Thu
エマウス(Emaús)とは、ベレンにある貧しい子供たちが学校の授業の前後に過ごす児童館のようなところで、地元のNGO団体が運営している。もちろん入園料はかからない。

ずいぶん前から日本にも支援グループがあって、ボランティアの若者を斡旋したり、日本語で情報発信したりしている。これまでかなり多くの若者が1か月、3か月、1年もこの施設でボランティア活動をしに海を渡っている。
エマウス日本語サイト⇒ http://emausjapan.org/about.php

ブラジルの学校は、午前か午後の半日制なので、エマウスも午前組と午後組で生徒が入れ替わる。それぞれ30人前後はいる。はじまりの時間は正確に決まっているわけでもなく、なんとなく人が増えた頃にみんなが集まる。遅れてくる子や来ない子もいるが出欠なんてものはとらない。極めて自由な世界。毎日、はじまり時には、指導者から日本でいう「道徳」のようなお話が20分くらい(?)ある。
DSCN1769.jpg

外で遊ぶ子もいれば、室内で図工をする子もいる。専門の指導者がやってきて、音楽やカポエイラなどを習うこともある。なにしろ、厳しい決まりごとはなく、強制はなく、子供たちがやりたいことを自発的にする場所だ。
DSCN1754.jpg

帰りがけには食事タイムもある。財政状況でこの食事の内容が変わり、肉入りソースのパスタのこともあれば、スナックだけのこともあるというから、子供たちの栄養バランスに直結している。
DSCN1757.jpg
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/327-a32132c1
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。