食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04.14 Sun
ベレンから約130kmのサン・ドミンゴス・ド・カッピン(São Domingos do Capim)へいざ出発。
地図⇒ https://maps.google.co.jp/maps?q=sao+domingos+do+capim&ie=UTF-8&hl=ja

ベレンから国道と州道を走り、川を渡り、田舎道を通り抜け、約2時間半。
こーんな暮らしをするのんびり静かなところ。人口は約33,000人。市長は、なんと日系人。
DSCN3830.jpg

目的はポロロッカを見ること!
ポロロッカとは、アマゾン川河口の複数の地点でみられる海から逆流が押し寄せて起こる高波で、その波は数百kmも続くこともあるという。そんな津波のような大波が、毎月2回(新月と満月)地球の引力でおきるというから自然の奇跡だ。

マラジョー島北部で大きなポロロッカが見られるというが、ここも有名なスポットで、13年前からポロロッカを使った波乗り大会が開かれている。海外からも多くのサーファーが訪れているというからちょっとしたインターナショナルな田舎か?
DSCN3785.jpg

地元の子供たちはいつものように遊ぶ。アマゾンの子たちよ。
DSCN3863.jpg

多くの人がポロロッカをみに集まっていたが、結局、大波も小波も姿を見せず。
数日前に大きな波がきたというから、今日は望み薄い。
そんな中、地元の人が人工ポロロッカを見せてくれて、なんとも和やかな雰囲気。
DSCN3874.jpg

<覚書>
サン・ドミンゴス・ド・カッピンでは、毎年3月頃のポロロッカが最も大きく、新月と満月の月2回、一回につき2、3日、ポロロッカが観測できる。次回は4月25日。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/351-6e074f1e
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。