食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
2013.05.01 Wed
本の見本市へ出かける。
小説など一般書のほか、法律、宗教、科学などの専門書、教材、幼児書など、とにかくオールジャンルで来場者の数もすごい。ベレンの人はこんなに本が好きだったのか??

DSCN4034.jpg

パラー州はブラジル南部と比べると教育水準が低いと言われ、統計上の識字率も低い。ということは、本を読む人口も少ないはず。実際、ベレンには本屋の数も少なければ、本屋に置かれている本の数も少ない気がする。出版社が多い大都会から本を届けるには配送料がかかり、在庫になれば返品にも配送料がかかるわけだから、そうむやみに仕入れることもないのだろう。

裏を返せば、めでたくベレンに届いて本屋に並ぶ本は限られているわけで、それだけ本を読む人が本を手にいれることが難しいということ。大学もいくつもある(急増しているという)州都ベレンで開かれる本の見本市が、こんなに賑やかなのも当然なことか。

■ XVII Feira Pan-Amazônica do Livro  
 会期:2013年4月26日―5月5日
 場所:Hangar


スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/352-ed0451f0
Template by まるぼろらいと