食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
2013.03.07 Thu
ベレン(正確には隣のアナニンデウア市)には、日系人を対象にした高齢者や身体障がい者向けの施設「厚生ホーム」がある。厚生ホームでは、月1回ゲストを呼んで、講演や演技、演奏などを披露する「ことぶき教室」を開いている。

今月は、日本から来られているお箏の先生による講演+演奏会があった。入居者やその家族などが集まるホールは、お箏の懐かしい優しい音色に包まれた。
とってものどかで、穏やかな時が流れる-。
DSCN1830.jpg

この「厚生ホーム」は広々としていて、いつも清潔で快適そう。決して多くない職員の方々のおかげなのだろう。
DSCN1832.jpg

日本でも高齢者の増加に加えて、核家族化、女性の社会進出から、介護の問題や施設の問題が度々話題になるけれど、ブラジルに移民した日本人も似たような問題を抱えているという。

1世やブラジル生まれであっても、日系社会で生まれ育った方々は、ブラジルの病院や施設に入ることは言葉の違いや習慣の違いから不便を感じることが多くて、こういう日系団体が運営する介護施設がかけがいのない役割を果たしている。これもまたアマゾンの日本移民の現在であり、歴史である。

■ 厚生ホーム
http://enkyo.wordpress.com/about/%e5%8e%9a%e7%94%9f%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0/

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/358-ee941c73
Template by まるぼろらいと