食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.11.24 Sun
ミリチー本場のアバエテトゥーバの職人さんを訪ねたところで、ぜひ確認しておきたいのが、その材料。
車で約10分、ミリチーが自生する林(森?)に連れて行ってもらう。

こちらがミリチー!
アサイーなどそのほかたくさんの木々の合間に、ミリチーがちらほら生える。
DSCN0931.jpg
あまり太くなると固くなり、細いと弱い。ちょうどいい頃合いの時にカットする。カットする時期やその理由など、かなり貴重な話を伺う。

ミリチーの実。
堅い皮をむくと薄黄色の果実が現れる。やや酸っぱくて渋い。
DSCN0939.jpg

家の裏に生える植物を刈って、干して、ヒマのある時に飾り物をつくる。父から子へその技が伝わり、集落の中で広まった。作品はシリオの時期に売られるようになり、それぞれの家計を助けるようになり、職業とするプロが現われ、今に至る、という。

ミリチーの畑があるわけでなく、ランダムに自生するミリチーをその都度採取する。今も昔もさほど変わらない、極めてローカルな民芸品だと実感。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/414-2044d43c
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。