食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
2009.08.29 Sat
快晴。とても気持ちのいい土曜日。
気になっていた画家について調べてみる。

■Os gêmeos
 ブラジルの双子のグラフィティ(壁画)作家。
1974年生まれ。本名は、Otavio と Gustavo Pandolfo。1987年より活動をはじめ、徐々にブラジルのアート界に影響を与え、ブラジル特有のグラフィティ・スタイルの確立に貢献した。
 作品は、黄色い肌が特徴。題材は、家族のポートレートからサンパウロの社会・政治問題、ブラジルの民話まで幅広く、ヒップホップやPixação(高所に描いたり文字を暗号化したりする、サンパウロ独自のグラフィティ技法)の流れを引き継いでいる。90年後半に海外でも知名度をあげ、最近では欧米など海外の活動の幅も広げている。
 ⇒ Os gêmeosの作品集

【2008年ロンドンの現代美術館Tate Modernに出展した時の言葉】
「僕たちは伝統を壊して、従来の欧米スタイルとは違うものを作り出したいと思ってきました。ブラジルのルーツを探し、フォークロアやポピュラー文化だけでなく、僕と弟が信じるもの、創造する世界を探し求めています。」


この間の写真、もう一度掲載。
machi-design10.jpg
誰だろう・・・と思ってた中央のリアルな二人、自分たちだね。
 ⇒二人の顔写真
この絵、貴重かも・・・と確信!
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/42-f34a7b24
Template by まるぼろらいと