食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.07.03 Thu
植物園の脇にあるこの店は、アマゾンの要素をしっかり取り入れた重厚感がありながらナチュラルな空間となっていて、都会の高級レストランに全く引けをとらない。
店のオーナーシェフ、チアゴ・カスターニョは、パラーの食材を使った創作料理をこの店で提供している。ここ数年、本やネットを通じてパラー料理の魅力を積極的に発信し、サンパウロやリオ、海外にも名が知れ渡るようになった。なにより、なかなかのイケメンシェフでもって、今、ベレンで最も輝くHomenでないかな、と・・・(アマゾンのAlex Atalaと勝手に呼んでいる!)。
DSCN3079.jpg

早くもあと半月でベレンを離れる。この次集まれるのは数年後かも・・・という予感もあって、ベレンで知り合ったタメの仲良し女子3人でこの最高級レストランへGo!

Arroz Paraense(ジャンブーと海老の入ったトゥクピー味のリゾット)、マラジョーの水牛チーズをのせた水牛ステーキなど。普段口にするパラー料理とは別物のような、繊細で丁寧なお味がする。
DSCN3068.jpg

デザートもしっかり注文。クプアスやバクリを使ったシェフ創作デザートが本当に美味しい!
DSCN3074.jpg

お勘定はさすがに少~し酔いが覚めちゃう金額だけど、それ以上に楽しい嬉しい美味しい記念のランチタイムとなりました。リッチなパラー料理を楽しみたい旅行者にもオススメのお店。

■ Remanso do Bosque
住所:Tv. Perebebuí, 2350 - em frente ao Jardim Botânico - Marco - Belém
TEL: 3347-2829
営業時間:12h~15h、19h~23h、日曜はランチのみ、定休日・月曜



スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/485-b1321afc
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。