食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.07.18 Fri
3年3か月前にベレンに降り立ち、しばらく滞在した同じホテルで最後の朝を迎える。

その日は乗り継ぎのトラブルが続き、前代未聞の12時間遅れ、日本から50時間かかって深夜2時半頃に到着した。翌朝、窓から見えた景色が目の前に広がる。あの時に見えた景色が違ってみえる。知り合いは一人もいなくて、熱帯の暮らしのことも全くわかっていなかった自分。たくさんの方に出会い、たくさんのことを教えていただいたな、と同じはずの景色をみてしみじみ思う。
DSC_0055.jpg

サンパウロから移り住み、ブラジルの地方都市の暮らしに衝撃をうけた。食文化や音楽、伝統行事などが違うことは予習(!)していたけれど、生活習慣の違いは暮らしてみて実感したことが多い。アマゾンの高温多湿の環境では、これまでのような暮らしはできない。防カビ・防腐のために、乾物や調味料を冷蔵庫にいれたり、クローゼットには間隔を開けて物をいれる、高性能のカメラは除湿剤をいれた密閉容器に保管するなど、日々細かなテクニックが必要で、そういうネタは書き出すときりがない。日系社会の先輩婦人方には生活の知恵をたくさん教えていただき、ファリーニャで糠漬けをつくったりもした。

気候によって、人々の行動パターンが変わり、住環境や仕事習慣、人間関係までも変わる。土地で生まれる文化は、その土地の気候や立地、人種構成などたくさんの要因はあるにしても、必ず誕生の背景がある。そんな衝撃から地方都市の文化にさらに興味をもつようになって、ベレンにいる間に多くの方に協力してもらって、各地の幅広い文化を一冊の本にまとめることができた。日本とブラジルの雑誌にも度々記事を書くチャンスもいただいた。

その間にお箏を習ったり、いろんな取材に同行させてもらったり、マラジョー島に2回行ったり、ベロペーゾ市場に数えきれないほど通ったり・・・。

よく見れば、ベレンの街並みも少し変わったみたい!
長距離バス・ターミナルの外観が改装されている。
DSC_0052.jpg

この3年で明らかに高層マンションが増えた。
DSC_0064.jpg

何気ない街角の人々-いかにもベレンらしい風景。3年前は話しかけるのも勇気がいるような人たちだったけれど、今ではすっかり身近な人たちに見える。
DSC_0067.jpg

空港にはたくさんの方にお見送りに来ていただいた。暖かく迎えて下さった日系社会の皆さま、ブラジル人に感謝です。

さようなら、ベレン
また会う日まで!
DSCN3429.jpg

DSCN3402.jpg
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/490-2a01e7a2
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。