食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
2015.03.16 Mon
本当にあっという間だった、今回の一時帰国。
ブラジルに住み始めて何度も日本に帰ってはいるけれど、毎回驚くことがある。

今回、特に衝撃だったこと(覚書)

・アジア人旅行者
特に、銀座のデパートがすごい。運動靴にウィンドブレーカー、シャカシャカパンツという出で立ちで、タブレットを持った子供連れの家族も多い。外国人かな、と思いすれ違うと、大抵、中国語が聞こえてくる。平日昼間のデパート内は日本人より多いと思うほど。生活雑貨コーナーなどは、よくよく眺めると外国人を意識した品揃えだったりして(一時帰国者の自分としては逆に面白い)。

家電量販店もすごい。館内のアナウンスは、日本語よりも、中国語、韓国語が圧倒的に長く、まるで自分が旅行者のような気分になる。

春節の時期というのもあったけれど、タイ人など東南アジア系もちらほら。成田空港では、トランジットの旅行者も含めて、ショッピングエリアにアジア人が溢れていて、数年前とずいぶん変わったな、と実感・・・。

・スマホ
ここ数年、スマホ所有者は激増していたけれど、ラインのせいかな?、いよいよ常に手にもって歩いている人が増えたみたい。以前は電車に入ったら鞄から取り出す、という携帯電話だったけれど。体内に端末を内蔵する日も遠くないかな、とふと思う。

・自動レジ機
近くにある中型スーパーのレジが3列ほど消えて、その代わり数台の自動レジ機が導入されていた。数年前、イギリスなどで多く見かけたレジシステム。日本でもこれから一気に普及するのかな? レジ係の数人が解雇になっただろうな、と少し切なくなる。
空港の自動チェックイン機の普及率も激しい。今回乗ったデルタ航空では、成田空港で自動チェック機しか受け付けてもらえず、おどおどしてしまう。(ビジネス・ファーストクラスは有人カウンターがあったかも?)
さらに関連して、アメリカ(アトランタ)では、ついに入国審査にも自動システムが導入されていた。アメリカパスポートやグリーンカード保有者などは、あの長蛇の列に並ばないでいいらしい。

・Frixion
こすると消えるペン、Frixionのバリエーションが増えていた。蛍光ペンや色鉛筆もあり衝撃。「鉛筆は消せても色鉛筆は消せない」で育った自分としては、複雑な思いもする。
とはいっても、これ、外国人へのお土産にオススメ。定番の和柄のお土産も喜んでくれるけれど、なんだかんだいって日本のハイテク実用品が嬉しいようす。最近普及している、はがれにくいセロハン系のポストイットもいいかな、って、かなり個人的な趣味ですが。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/544-27478c6f
Template by まるぼろらいと