食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.04.13 Mon
手作り納豆はこれまで海外生活が長いおばちゃんの独占領域、というイメージだったけれど、ついにその世界に足を踏み入れてしまう!

便利な時代で、今は、パソコンを開けばどんなマニアックな料理でもたくさんの人がレシピを見せてくれる。それだけに、家庭の味やおばあちゃんの味を大切にしたいと思うこの頃だけれど、さすがに納豆作りはネット先生にお世話になる。

豆の蒸し時間、菌の入れ方、発酵時間、発酵方法は十人十色で、まずは平均的な方法で試作してみる。
(↓納豆嫌いの方は、この先、要注意↓)


初めてにしては、なかなかうまく菌が繁殖してくれたよう!
ところが・・・半分くらいはツーンとしたアンモニア臭がきつい。どの容器も同じ箱の中で熟成させたのに、どうして違うのかな?とも思うけれど、きっと、熟成用ボックスの中に一緒にいれた保温用のカイロの位置やふきんのかけ方による通気の違いが原因なのかもしれない。

DSCN1500.jpg

冷蔵庫に2日ほど寝かして、香りがだいぶ薄れた分を初試食。市販のような納豆独特の香りが薄く、粘りも少な目だけれどそれほど悪くない。
DSCN1503.jpg

アンモニア臭を減らし、納豆独特の香りを強め、かつ粘りも増やすにはどうすればいいのかな。いろいろ考えると、職人の技が必要と実感。。なんだかんだで、やっぱり買った方が楽だな、と弱気になったりもする。


ちなみに、キムチはもう3年くらい自家製。
ベレンで、移住30年以上の大先輩に伝授してもらったレシピ。ブラジリアに移ると、気温・湿度の違いか食材の違いか?失敗を繰り返したものの、最近はすっかり安定したお味で。
アンチョビペースト、すったりんご、砂糖の替わりにはちみつを混ぜたバージョン、オススメです。
DSCN1509.jpg
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/552-77033f3c
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。