食文化いろいろな暮らしアートに触れる音楽きいたり映画みたりかわいいもの自然や街並み季節を感じる日系社会を知るポルトガル語を学ぶニュースを読む日本とか未分類
-生活と文化をメモる こころのブログ-
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.31 Sat
matisse1.jpg

土曜の昼下がり、マティス展へ出かける。
この日は入場料無料だからか、すごい人ごみだった。
ブラジル人にも、フランス美術はやっぱり人気なのかな。

絵を描く「線」が時代とともに減っていく。
晩年は一筆書きと思わせるようなデッサンもある。
それでも、単なる抽象画と言い切れない、被写体の独特な雰囲気がただの「線」から伝わってくる。線が絵に深みを与えている。

下は人気の「JAZZ」シリーズ。
matisse.jpg
最後に残った彼のテーマは、色彩と形といえるだろうか。
この「JAZZ」シリーズについてちょっと調べてみる・・・
今度は人の少ない日に静かにゆっくり観賞したいな。

■「JAZZ」について
この作品は、マティス晩年に、“世界で最も美しい雑誌”と言われる『VERVE』を出版していたテリアードから、色刷り版画による挿絵本の依頼を受けて制作したもの。数年前から体調を壊していて、絵ではなくハサミを使った切り絵を制作するようになっていた。制作は4年近くかかり、戦後1942年に20枚の版画とマティス自身の文章からなる本作品が刊行された。



企画展「Matisse hoje / Aujourd'hui 」 
 会場:Pinacoteca do Estado  Praça da Luz 2 - São Paulo
 会期:9/5~11/2(月曜定休)10:00~18:00 入場17:00まで
 入場料:6レアル(一般料金) 土曜日無料 

スポンサーサイト
tomoko
 先々週の金曜日に、たまたま見てきましたよ!でもあまりよく分からなかったです。むしろ真ん中のフロアの水にお皿が浮いている作品に見入っていました。昔は土曜でもすいていたけれど、ここ2,3年ぐらいで、ものすごい人が増えました。8年前は毎日無料でもいつも閑散としていた記憶があります・・・ブラジルは変貌中!?
2009.11.03 Tue 06:06 URL [ Edit ]
ayako77
>tomoko-san
前はそんなにすいていたんですねー。
土曜はほんとに混んでました・・・。
ブラジル人も余裕がでてきたんでしょうね~。
2009.11.03 Tue 23:14 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ayako77.blog99.fc2.com/tb.php/73-48f14270
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。